ファイアバードにWordPressを手動でインストールする方法

ファイアバードのレンタルサーバーには、簡単インストール機能があります。なので、自動でデータベースを作成することができ、数分でWordpressを使えるようになります。だから、知識の無い初心者の人であっても、手軽に利用できるメリットがありますね。

でも、フォルダを指定しないといけないため、ドメイン直下にWordpressをインストールすることができません。ですから、ルートドメインで利用したいのであれば、手動でインストールする必要がありますね。

自分でデータベースを作成するので、若干の手間が掛かります。でも、難しい作業ではありませんので、手順を踏めば誰でもできるはずです。ここでは、Wordpressを手動でインストールする方法を紹介します。

 

データベースを作成する

0001

ファイアバードの公式サイトへアクセスして、ログインを選択しましょう。

0002

メールアドレスとパスワードを入力し、ログインします。

0003

次に、「サーバー管理ツール」へアクセスしてください。

0004

管理ツールの左サイドバーから、「データベース設定」を選択。

0005

「MySQL追加」をクリックしましょう。

0006

データベース名を決めて、文字コードは「UTF-8」を選択します。

0007

問題が無ければ、「確定」をクリック。

0008

「MySQLユーザ設定」をクリックします。

0009

ユーザ名とパスワードを決定しましょう。

0010

確定します。

0011

すると、「追加可能ユーザ」に先ほど作成したユーザーが表示されます。「追加」ボタンをクリックしてください。

0012

「権限設定ユーザ」に追加されました。ここで表示されている「データベース名」や「ユーザ名」、「ホスト」などは、後の設定の際に必要となります。ですから、覚えておくようにしてください。

 

WordPressをインストールする

0013

WordPressの公式サイトへアクセスして、ファイルをダウンロードしましょう。

0014

FTPソフトを使って、任意の場所へアップロードしてください。FTPの使い方は、「ファイルをアップロードする」を参考にすると良いです。

0015

インストールしたURLにアクセスすると、設定画面となります。「さぁ、始めましょう」をクリック。

0016

先ほど設定した、データベース情報を入力してください。

0017

間違いなく情報を入力すれば、インストールが可能となります。実行ボタンを押しましょう。

0018

サイト情報を入力して、インストールします。

0019

無事にインストールができたら、ログインしてみてください。

0020

管理画面にアクセスすれば、設定は完了となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ