WordPressのダッシュボードの使い方

WordPressでのすべての操作は、「ダッシュボード」と呼ばれる管理画面で行います。ログインをして、一番最初に表示される画面ですね。かなりシンプルに作られているので、誰でも直感的に操作できるはずです。

しかし、すべての機能を使いこなすのは、初心者にとっては難しい事でしょう。Wordpressは使い勝手が良いツールですが、機能が多すぎて迷ってしまう人もいるかもしれません。なので、基本的な操作方法をマスターするようにしてください。

ここでは、ダッシュボードの使い方について解説します。

 

まずはログインしてみよう

01

「http://○○○/wp-login.php」にアクセスすると、ログイン画面となります。ここに、IDとパスワードを入力してログインしてください。この時に、「ログイン状態を保存する」にチェックを入れておくと、次回からは自動でログインできます。

02

ログイン状態であれば、サイトの上部にツールバーが表示されます。ここから、ダッシュボードにアクセスできますから、覚えておいてください。

 

ダッシュボード各部の紹介

上部ツールバー

1

まずは、ダッシュボードの全体像がこちらです。大きく分けると、上部のツールバーと左サイドバーから成り立っています。

2

上部ツールバーのサイト名をクリックすると、サイトへアクセスできるようになっています。

3

そして、ツールバーの左側からは、ログアウトできます。

 

左サイドバー

操作の大部分は、左サイドバーから行います。ここで、ほぼすべての操作ができますから、それぞれの項目の意味と使い方を覚えてください。

 

更新

4

何か更新情報があれば、更新数が数字で表示されます。Wordpressの新バージョンやプラグイン、テーマなどの更新情報が含まれます。

 

投稿

5

おそらく、ここが最も多く使う場所でしょう。記事の更新をするときには、「新規追加」をクリックしてください。また、カテゴリーやタグを作るときにも、こちらから操作を行います。

 

メディア

6

画像をアップロードするときに使う項目です。記事の投稿画面でも画像を追加できますが、画像だけをアップロードするときには、こちらから行いましょう。すでに追加した画像の編集なども行えます。

 

リンク

7

サイドバーやフッターなどに外部リンクを追加するときは、こちらから設定可能です。他の関連サイトなどを表示したいときなどに、こちらからリンクを追加しておいてください。

 

固定ページ

8

通常投稿ではなく、固定ページを投稿するときに使います。時系列ではない独立したページを作りたいときには、固定ページで作成しましょう。また、固定ページの使い方については、「投稿記事と固定ページの違い」を参考にしてください。

 

コメント

9

ユーザーからのコメントがあれば、こちらで承認するかの設定ができます。スパムコメントなどがあったりするので、そういったものは削除しましょう。

 

外観

10

テーマを変更したり、CSSなどを修正するときには、こちらから操作可能です。Wordpressには無料のテーマもたくさん公開されているので、いつでも好きなデザインに変更することができます。

 

プラグイン

11

プラグインの追加や削除などを行う項目です。更新などがあれば、こちらからバージョンアップすることもできます。

 

ユーザー

12

複数人で記事を投稿するときには、こちからユーザーを追加します。ユーザーごとに違った権限を与えられますから、外注を雇っているときなどにも重宝する機能です。

 

ツール

13

こちらから、投稿記事のインポートとエクスポートが行えます。サーバーを引越しするときなどに、記事を移し替えるときに使う項目です。XML形式のファイルを扱います。

 

設定

14

各種設定ができる項目ですね。サイト名や説明文、コメントの受付やパーマリンクなど、色々な設定が可能です。自分の好みに合わせて、仕様を変更しましょう。

 

以上、Wordpressのダッシュボードの簡単な解説をしました。それぞれの項目の意味を理解していれば、意外と簡単に操作できるはずです。使っているうちに覚えられると思いますから、少しずつ慣れるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ