WordPressの「投稿記事」と「固定ページ」の違いとは?

WordPressで記事を投稿するには、2つの方法があります。それは、「投稿記事」と「固定ページ」の2つですね。どちらを使ってもページを作ることができますが、性質が全く異なるものです。なので、ちゃんと理解しないまま使ってしまうと、サイトの構成がおかしくなるので注意してください。

結論から言うと、通常のブログ記事のような毎日更新する記事には、投稿記事からアップロードします。そして、ナビゲーションメニューやサイドバー、フッターにリンクを表示するページには、固定ページを使います。

それぞれに使い道が異なりますから、ちゃんと理解しましょう。ここでは、「投稿記事」と「固定ページ」の違いについて解説します。

 

「投稿記事」と「固定ページ」の違い

投稿記事について

左サイドメニューの「投稿」から「新規追加」をクリックすると、投稿記事を追加できます。

toukou

ここから追加した記事は、カテゴリに分類されて時系列にトップページに並びます。なので、毎日の日記であったり、基本的な更新記事は「投稿記事」として追加しましょう。ユーザーとしても、順を追って読むことが出来るので見やすいといえます。

また、RSSとして配信することが出来ますし、Ping送信なども行うことが可能です。さらに、コメント欄がありますから、ユーザーと意見交換をしたりなど色々な使い方ができます。ブログとしての利用であれば、投稿記事だけで十分でしょう。

 

固定ページについて

左サイドメニューの「固定ページ」から「新規追加」をクリックすれば、新しいページを追加可能です。

kotei

固定ページが投稿記事と違うところは、追加してもカテゴリやアーカイブに分類されないことです。完全に独立したページとして扱われるので、どこからもリンクで繋がっていません。

なので、自分で設定をして、ナビゲーションメニューやフッターなどにリンクを追加する必要があります。また、RSS配信やPing送信もできませんし、コメント欄も付いていないテーマが多いです。

 
では、どういった用途で使うのかというと、「重要度の高いページ」ですね。投稿記事だと更新をしていくうちに、古い記事はどんどん後ろへ追いやられます。なので、どこに行ったか分からなくなるわけです。だから、常に見てもらいたいページなのであれば、不都合が出てしまいます。

でも、固定ページを作成しておけば、ナビゲーションメニューやサイドバー、フッターなどに、リンクとして表示させることができます。なので、いつでもユーザーが見ることが出来るわけですね。

特に、コーポレートページなどであれば、固定ページは欠かすことが出来ません。会社概要やサービス内容、採用情報などは、すぐにアクセスできる場所に配置する必要があります。そういったものを固定ページで作成しておけば、目立つところに配置することが出来ます。

 

以上、投稿記事と固定ページの違いについて解説しました。どちらにも異なる用途がありますから、必要に応じて使い分けるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ