WordPressのコメント欄の受付設定について

WordPressにはコメント欄があるので、記事についてのアドバイスをもらったり、間違いを指摘してもらうことができます。一方的に情報発信するのではなくて、相互的にコミュニケーションが取れるツールです。これは、サイト運営における楽しみの一つですね。

しかし、中にはスパムコメントや誹謗中傷などの荒らし行為に迷惑している人もいます。自分のモチベーションの低下にも繋がりますから、そういった時にはコメント欄のセキュリティを向上させましょう。

ここでは、コメント欄の受付設定について解説します。

 

コメントを受け付けない設定にする

他人とコミュニケーションをせずに、自分の意見だけを書きたいならコメント欄は停止してしまいましょう。そうすれば、荒らしコメントなども入ってこないので、自分の好きなことを書くことが出来ます。

1

まず、Wordpressのダッシュボードから、「設定」⇒「ディスカッション」へと進みます。

2

「投稿のデフォルト設定」の項目で、「新しい投稿へのコメントを許可する」のチェックを外しましょう。そうすれば、それ以降の記事に対してコメント欄が表示されなくなります。ただし、それ以前の記事ではコメントは表示されたままです。

3

また、一定期間経過すると、自動的にコメント欄を消すこともできます。上記の赤枠で囲んだ欄で日数を指定すれば、コメント欄が表示される期間を決めることが可能です。

 

記事ごとにコメント欄を設置するかどうか決める

ある特定の記事にだけ、コメント欄を設置することもできます。炎上しそうな記事や他人の意見が必要ない記事であれば、コメント欄を消しておきましょう。

4

記事の投稿画面から、上部の「表示オプション」を選択。

5

「ディスカッション」にチェックを入れます。

6

そうすれば、投稿画面下にディスカッションの項目が表示されるはずです。ここにチェックを入れれば、その記事ではコメントを受け付けることが出来ます。

 

セキュリティを高めてスパムコメントを排除する

WordPressを利用していると、プログラムで配信されたスパムコメントが届くことがあります。これは、SEO対策として被リンク獲得のために、どこかの業者がやっていることです。自分にとってのメリットはありませんから、スパムコメントは削除しましょう。

でも、毎回削除するのは手間が掛かりますよね。なので、セキュリティを高めて、スパムコメントが届かないように設定する必要があります。

7

ディスカッション設定の「他のコメント設定」の項目から、「名前とメールアドレスの入力を必須にする」にチェックを入れてください。こうすると、コメントの手間が増えるので、スパムコメントや荒らしが減る可能性があります。

8

さらに、コメント表示条件の項目で、「コメントの手動承認を必須にする」にチェックを入れます。これで、承認したコメント以外は、サイトに表示されなくなります。デフォルトの設定だと、一度承認したユーザーのコメントは、すべて承認されてしまうので注意しましょう。

9

ちなみに、コメントされるとダッシュボードに数字が表示されます。これは、承認待ちのコメント数ですね。

10

それをクリックすれば、承認するかどうかの判断ができます。また、スパムとして隔離したり、削除したりもできるので、コメントの内容から判断してください。

 

以上、Wordpressのコメント欄の受付設定を紹介しました。楽しくサイト運営をするためには、余計なコメントは排除した方が良いです。なので、サイトが荒れてしまわないように、しっかりと管理するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ