WordPressのテキストエディタの使い方

WordPressで記事を投稿するには、ビジュアルエディタとテキストエディタの2つの方法があります。ビジュアルエディタは、ワープロソフトと同じように入力できるので、初心者でも扱いやすい投稿方法となります。

一方、テキストエディタは、中級者向けの入力方法です。補助ボタンが最小限しかありませんが、HTMLのタグを直接入力できるのでCSSを使った装飾なども可能となります。idやclass属性を使ってデザインを指定できますから、個性的なページを作ることができます。

エディタの切り替えは、投稿ページのタブで行えます。

1

ここでは、テキストエディタの使い方を紹介します。

 

テキストエディタの使い方

テキストエディタには、最小限の補助ボタンしかありません。だから、基本的には手打ちでHTMLを入力していく形式になりますね。ただ、補助ボタンを活用すると入力が楽になるので、使い方を覚えておいてください。

2

  1. b:太字・<strong>タグが入る
  2. i:斜体・<em>タグが入る
  3. link:リンクの挿入・<a>タグが入る
  4. b-quote:引用・<blockquote>タグが入る
  5. del:情報の取り消し・<del>タグが入る
  6. ins:新しい情報の追加・<ins>タグが入る
  7. img:画像の挿入・<img>タグが入る
  8. ul:番号なしのリスト・<ul>タグが入る
  9. ol:番号ありのリスト・<ol>タグが入る
  10. li:リストの項目・<li>タグが入る
  11. code:コードの表示・<code>タグが入る
  12. more:続きを読む・<more>タグが入る
  13. タグを閉じる:上記のタグの終了タグが入る

上記のボタンを使えば、ワンクリックでタグを挿入することができます。ただ、見出しや段落などは、直接手打ちで入力しなくてはいけません。面倒だと思う人は、ビジュアルエディタを使って入力した方が良いですね。

ただ、どちらか一方しか使えないわけでは無いので、状況に合わせて両方を使い分けることをおススメします。ビジュアルエディタで大まかに装飾をして、細かなところはテキストエディタでタグを入力するのが良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ