WordPressの記事のエクスポートとインポート

WordPressの記事は、MySQLというデータベースに入っています。サーバー上のデータなので、万が一の時のためにバックアップを取っておく必要がありますね。ローカルにデータを残しておけば、データが消えた時でも復旧させることができます。

しかし、データベースは知識のある人でないと、扱いが難しいです。初心者だと理解できないですから、別の方法でバックアップを取る必要があります。おススメなのが、「エクスポート」という機能ですね。

WordPressの記事をXML形式でダウンロードできますから、初心者でも問題なく利用できます。また、「インポート」機能を使えば簡単に記事を入れることが可能です。

ここでは、エクスポートとインポートについて解説します。

 

WordPressのエクスポート機能

1

ダッシュボードから、「ツール」⇒「エクスポート」へと進みます。

2

ここで、エクスポートする内容を選択します。基本的には、「すべてのコンテンツ」で問題ありません。「エクスポートファイルをダウンロード」をクリック。

 

内容を絞ってエクスポート

3

「投稿」を選択すると、カテゴリや作成者、日付、ステータスなどで絞り込んで、エクスポートすることができます。

4

「固定ページ」だと、作成者や日付、ステータスで、絞り込みが可能です。

 

WordPressのインポート機能

5

ダッシュボードから、「ツール」⇒「インポート」へ。

6

「Wordpress」を選択します。

7

「Wordpress Importer」というプラグインの画面になるので、インストールしましょう。

8

インポートツールを実行します。

9

ファイルを選択して、インポートします。

10

ここで、ユーザーを選択して、「Import Attachments」にチェックを入れて、「Submit」をクリック。

11

これで、インポートが完了しました。

12

投稿一覧を見て、記事がインポートされているか確認しましょう。

 

以上、エクスポートとインポートの解説でした。定期的にバックアップを取るにも有効ですし、サーバーを移転する際にも、この方法を使えば簡単に記事を入れることが出来ます。なので、ぜひ使ってみると良いでしょう。

ちなみに、自動でバックアップを取るプラグインなどもあります。そちらは、「BackWPupの解説」を参考にしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ