レンタルサーバーのデータを間違って消してしまったら?

20140921-3サーバー上のデータを、間違って削除してしまったことがある人は多いでしょう。または、上書きしてしまって、前の状態に戻せなくなるといったこともよく起こります。HTMLファイルなどが手元に残っていれば、もう一度アップロードすれば元に戻せます。

しかし、MovableTypeやWordpressなどのCMSでは、Web上で編集しますから復旧できなくなるリスクが高いです。ですから、定期的にファイルをダウンロードしておいて、万が一の時に備えるようにしましょう。

また、バージョンアップして上書きをすると、手元に残しているデータと内容が異なってしまいます。なので、バージョンアップ後には、必ずファイルをダウンロードする癖を付けるようにしてください。

 

バックアップサービスを利用する

レンタルサーバーは、万が一のためにデータをバックアップをしています。地震などの災害や火事などの事故が起きた時でも、データを消失しないように対策しているわけですね。そして、ユーザーに対して、バックアップデータを提供している業者も多いです。

有料となることがほとんどですが、どうしても必要なデータがある場合は申し込みをしてみましょう。エックスサーバーであれば、1万円で指定日のデータを提供してもらえます。また、ヘテムルなどでは、バックアップオプションが用意されています。これは、月額700円で7日前までのデータを自由にダウンロードできるサービスです。

業者によってサービス内容が異なりますから、契約前に確認しておくべきですね。ホームページを運営するにあたって、データを守ることは死活問題です。ですから、十分に対策を行うようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ