WordPressのギャラリー機能の使い方

WordPressには、色々な機能が搭載されています。多機能すぎるのですべての機能をマスターするのは難しいのですが、オシャレなページを作るのに最適な機能があります。それが、「ギャラリー」と呼ばれる機能ですね。

好きな画像をタイル状に並べることができ、画像ギャラリーを投稿ページに作ることが可能です。イラストレーターが作品を公開したり、企業が自社製品を紹介するときなどにも、これを使えば分かりやすく紹介できます。

面白い機能なので、使ってみてください。

 

ギャラリーの作成方法

1

まずは、新規投稿画面から「メディアを追加」をクリックします。

2

次に、左メニューから「ギャラリーを作成」を選び、「ファイルをアップロード」を選択。すでにメディアライブラリに画像がある場合は、新しくアップロードする必要はありません。

3

ドラッグ&ドロップで、画像をアップロードします。

4

メディアライブラリに画像が追加されるので、使用する画像にチェックを入れましょう。以前にライブラリに入れた画像も選択できます。画像を選択したら、右下の「ギャラリーを作成」をクリックしましょう。

5

ドラッグ&ドロップで、画像の順序を入れ替えることが可能です。また、画像のキャプション(説明文)も入れることができます。

6

右のメニューからは、リンク先やカラム数の設定ができます。ランダムにチェックを入れると、画像がランダムに表示されます。良ければ、「ギャラリーの挿入」をクリックしましょう。

7

これで、ギャラリーが挿入されました。

ちなみに、以下が実際のギャラリーとなります。

ページが華やかになりますから、ビジュアル重視のサイトであれば使ってみると良いでしょう。主に、美容などの女性向けのサイトだと、好まれるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ