WordPressのトップページを固定ページにする方法

WordPressは、基本的にブログ仕様となっています。なので、投稿した記事が、新しいものから順番にトップページに並ぶわけですね。ブログを運営するならそのままで良いですが、会社のコーポレートページなどを作る場合、不都合が出てきます。

古い記事がどんどん後ろへ下がるので、会社概要や事業内容などのページを作っても、どこへ行ったか分からなくなるわけですね。なので、一般的なコーポレートページのように、決まった内容を常にトップページに表示しておくのであれば、トップページを修正する必要があります。

ですが、HTMLの知識が無ければ、ページの修正は難しいですよね。そういった場合は、固定ページをトップページとして表示しましょう。Wordpressには、特定のページをトップに持ってくることが出来ますから、それを使えば簡単です。

 

固定ページをトップページとして使う方法

2

まずは、固定ページを作成します。ここに、トップページに掲載したいコンテンツを入れてください。

3

次に、ダッシュボードから「設定」⇒「表示設定」へと進みます。

4

フロントページの表示の項目で、「固定ページ」にチェックを入れて、「フロントページ」で先ほど作成した固定ページを選択してください。

5

すると、トップページに固定ページの内容が表示されます。今後は、固定ページを修正するだけで、トップページのコンテンツを変更することが可能です。

ただ、これだと、通常のブログのトップページが無くなってしまいます。記事の投稿一覧が見れなくなってしまうので、別途で設定しなくてはいけません。

 

記事の投稿一覧ページを作成する方法

6

先ほどと同じ要領で、新規の固定ページを作成します。本文の内容は、白紙で構いません。

7

ダッシュボードから、「設定」⇒「表示設定」をクリック。

8

フロントページの表示の項目から、「投稿ページ」にて先ほど作成したページを選択します。

9

これで、固定ページが投稿一覧ページとして使えるようになりました。

固定ページでトップページを作る場合には、投稿一覧ページも一緒に作る必要があります。なので、忘れないように設定してください。

これであれば、HTMLの知識が無い人でも、簡単にトップページの編集ができますよね。初心者としては便利な機能ですから、利用してみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ