WordPressの記事投稿画面の使い方

WordPressでの新規記事の投稿は、直感的に操作できるので誰でも扱えると思います。しかし、設定できる項目が多いですから、すべての機能を使いこなしている人は少ないかもしれません。なので、宝の持ち腐れとならないように、基本的な操作をおさらいしておきましょう。

ここでは、Wordpressの記事の投稿画面について、解説をしていきます。

 

投稿記事を確認する

1

ダッシュボードから、「投稿」⇒「投稿一覧」へと進みましょう。

2

そうすると、今までに投稿した記事の一覧が表示されます。

3

それぞれの記事にカーソルを合わせると、編集やゴミ箱、プレビューなどを選択可能です。

 

新規記事を書く

4

新しく記事を書く場合は、左メニューと投稿一覧上部の「新規追加」をクリック。

5

コンテンツを書くには、2つのエディタを利用することができます。それぞれの使い方に関しては、以下のページを確認してください。

⇒ビジュアルエディタの使い方
⇒テキストエディタの使い方

 

表示パネルの使い方

6

公開パネルでは、記事の状態を指定できます。主に使うのは、「公開状態」と「公開日」の指定ですね。公開状態では、記事をパスワードで保護したり、非公開の設定をしたりできます。また、公開日の指定では、未来の日時を指定すれば予約投稿をすることが可能です。

7

カテゴリーパネルでは、記事をどのカテゴリに入れるかを選択します。また、新しいカテゴリを作成することもできます。

8

タグパネルでは、記事にタグを付けて、他の記事と関連付けすることができます。内部リンクが増えますから、内的SEOに効果があると言われています。

9

抜粋パネルは、記事の要約文を記述する項目です。テーマによっては、「meta description」として利用されることが多いですね。

10

トラックバック送信では、他のブログにリンクを貼った時に、それを相手に通知することができます。

11

ディスカッションとは、コメントの受付設定のことです。記事ごとにコメントを受けるかの設定が出来るようになります。

12

スラッグとは、記事の英語名のことです。パーマリンクを「post-id」に設定していると、日本語URLになってしまいます。英語のURLにしたい場合には、スラッグに英語を記述しておいてください。

13

作成者パネルでは、記事を書いた人を指定できます。複数人でWordpressを更新する場合に使用する機能ですね。個人で更新している場合は、必要ありません。

 

以上、投稿記事画面の使い方を紹介しました。記事ごとに色々な設定ができますから、用途に合わせて使い分けるようにしてください。特に、予約投稿などは便利な機能なので、利用頻度は高いと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ