WordPressでTwitterを活用するポイント

WordPressは、検索エンジンに好まれやすい構造なので、SEOに強いと言われています。なので、検索エンジン経由のアクセスは、比較的集めやすいといえるでしょう。そして、さらにアクセスを効率よく集めるために、ソーシャルメディアを活用した集客を覚えるのが良いです。

ソーシャルメディアの代表格といえば、Twitterですよね。最近だと、Twitterでリツイートされて、爆発的に拡散されるブログが増えてきました。Wordpressとの相性も良いですから、積極的に利用すると良いでしょう。

ここでは、WordpressでTwitterを利用するポイントを紹介します。

 

Tweetボタンを設置する

まずは、基本として記事ページに「Tweetボタン」を設置します。当サイトでも、記事の上部と下部にボタンが配置されていますよね。これがあることで、閲覧したユーザーが記事を拡散しやすくなります。

設置法は非常に簡単で、以下のように行います。

Twitterの公式サイトから、コードを取得しましょう。

⇒Twitterボタンの作成

1

ボタンの選択欄で、「リンクを共有する」にチェックを入れます。

2

基本的には、「ユーザー」で自分のTwitterIDを入力し、「言語設定」で日本語にすればOKです。右上にコードが表示されるので、サイトの好きな場所に貼り付けましょう。

 

フォローボタンを設置する

自分のTwitterアカウントのフォロワーがいれば、記事をツイートしたときに見てもらうことができます。なので、サイト上にTwitterのフォローボタンを設置しましょう。そうすれば、サイトの閲覧者に自分のTwitterをフォローしてもらうことが出来ます。

フォローボタンも、上記と同じ公式サイトで配布されています。

⇒フォローボタンの作成

3

「フォローする」に、チェックを入れてください。

4

「ユーザー」と「言語設定」を指定すれば、右側にコードが表示されます。これを、サイドバーなどの目立つ所にに貼っておくと、見てもらいやすくなるはずです。

また、公式サイト以外にも、フォローボタンを配布している外部サービスがあります。これを利用することで、オシャレなボタンを設置することも可能です。詳しくは、「Twitterボタン配布サイト」を参照してください。

さらに、サイトの両端にTwitterのタグを設置できるサービスもあります。これは、スクロールしても追尾してくれるので、かなり目立ちやすいです。「フォローバッヂ」というサイトで作ることが出来ますから、使ってみると良いでしょう。

 

Tweetの埋め込みタイムラインを設置する

自分のアカウントでのツイートを、サイト上に表示できるサービスもあります。サイドバーなどに、タイムラインが表示されているのを見たことがありませんか?これがあれば、ツイート内容を見せることができ、フォロー率も高まるかもしれません。

5

まずは、自分のTwitterアカウントにログインして、「設定」へと進みます。

6

左サイドバーから、「ウィジェット」を選択。

7

「新規作成」をクリック。

8

ここで、ユーザー名を確認して、「ウィジェットを作成」をクリックしましょう。

9

そうすれば、設置用のコードが生成されます。

 

WordPressのサイドバーに設置する

10

WordPressのダッシュボードから、「外観」⇒「ウィジェット」へと進みます。

11

「テキスト」をドラッグ&ドロップで追加して、先ほどのコードを入力します。

12

そうすれば、サイドバーにタイムラインが表示されるはずです。

 

以上、WordpressでTwitterを活用する方法を紹介しました。これからは、ソーシャルメディアの使い方が重要となってきます。なので、上手く情報が拡散されるように、Twitterを使いこなせるようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ