【All in One SEO Pack】WordPressのSEO対策を行うプラグイン

WordPressのSEO対策といえば、「All in One SEO Pack」が定番ですね。インストールするだけで、SEOに最適なソースを作ってくれますし、細かな設定をすることも可能です。他にも色々なプラグインがありますが、基本的にはこれのみで十分だと思います。

なので、Wordpressでサイトを立ち上げたら、一番最初にインストールを行いましょう。ここでは、「All in One SEO Pack」での設定方法を紹介します。

 

All in One SEO Packの設定について

1

まずは、プラグインの新規追加で、「All in One SEO Pack」と検索しましょう。プラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリック。そして、プラグインを有効化しておいてください。

2

ここから、設定に入っていきます。「General Settings」では、主にcanonicalの設定を行います。デフォルトでは、「Canonical URLs」にチェックが入っていますが、これは外しておいて構いません。

canonicalタグは重複コンテンツを防止するために使いますが、Wordpressの場合だと「wwwあり」「wwwなし」などは、自動で転送されるようになっています。なので、同一ページで複数のURLは発生しないことになり、canonicalタグは必要ないということです。

3

「Home Page Settings」では、サイトのタイトルや「meta description」、「meta keywords」の設定ができます。基本的なSEO対策ですから、自分のサイトの情報を入力しておきましょう。

4

「Keyword Settings」は、メタキーワードの出力方法の設定です。メタキーワードは、個別記事で設定可能ですから、チェックは外しておいてください。

5

「Title Settings」では、タイトルタグの生成方法を設定します。「ページタイトル|サイトタイトル」が最もベストだと思いますので、デフォルトのままで構いません。別に設定したいフォーマットがあれば、個別に設定をしましょう。

6

「Google Settings」は、Googleの著作者情報やアナリティクスの設定ができます。ただ、Googleが検索結果の著者名表示を廃止することが発表されています。なので、著作者情報の設定は意味が無いですね。アナリティクスの設定をしたいなら、IDを入力しておいてください。

7

「Noindex Settings」は、カテゴリやアーカイブ、タグページなどを、インデックスさせるかどうかの設定です。コンテンツの薄いページがあるとパンダアップデートで引っかかる可能性がありますから、noindexの設定をしておいた方が良いでしょう。

当サイトでは、カテゴリページ以外は、noindexとしています。

 

以上、「All in One SEO Pack」の設定を紹介しました。上記のように設定しておけば、SEOに関しては問題ないと思います。SEO対策は奥が深くて、細かく考えるとキリがありません。なので、基本的な設定だけをしておいて、後はコンテンツの充実に力を入れるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ