【YARPP】WordPressで関連記事を表示するプラグイン

ブログ記事などでは、記事下に関連する記事の一覧を表示することがよくあります。こうすれば、ページビューが伸びやすいですし、内部リンクも増えるのでSEO対策としても有効です。Wordpressでは、プラグインを使えば手軽に関連記事を実装することができます。

YARPP(Yet Another Related Posts Plugin)だと、簡単に設定できますから使ってみてください。サイト内の記事から、自動的に関連するものを見つけて並べてくれます。「Similar Posts」というプラグインも有名ですが、現在だと開発が終了しているようです。

なので、YARPPの使い方を紹介していきます。

 

YARPPの設定方法

1

まずは、プラグインの新規追加から、「YARPP」を検索してインストールしましょう。そして、有効化をしてください。

2

ダッシュボードから、「設定」⇒「YARPP」と進めば設定画面となります。「フィルター設定」では、関連記事に表示する記事を制限することが出来ます。表示したくないものがあれば、ここで除外することが可能です。

3

「関連スコア設定」では、記事を抽出するレベルを設定します。デフォルトでは、最低関連スコアが「5」となっています。しかし、これだとほとんど表示されません。なので、「1~2」くらいの間で設定しましょう。

そして、タイトルや内容、カテゴリなど、何を基準とするかなども指定できます。

4

「表示設定」は、関連記事のスタイルを設定する箇所です。リスト表示をする場合には、タグを変更した方が良いですね。

<h3>関連する記事</h3><ul> / <ul>

デフォルト状態だと、英語表記の見出しに数字のリストとなっています。なので、日本語の見出しで数字無しリストを設定しました。

5

実際の表示は、このようになります。

7

ちなみに、サムネイル表示にするとこうなります。アイキャッチ画像を設定していないと、デフォルト画像が表示されます。

8

ここにチェックを入れると、RSSフィード上でも関連記事を表示できます。

 

関連記事のレイアウトが崩れてしまったら

12

テーマによっては、関連記事のレイアウトが崩れてしまうことがあります。上のように、見出しが詰まった感じになってしまいます。これは、CSSを修正することで直せますから、やり方を紹介します。

9

ダッシュボードから、「プラグイン」⇒「プラグイン編集」へと進みます。

10

右上のプラグイン選択から、「Yet Another Related Posts Plugin」を選択。

13

右の一覧から、「yet-another-related-posts-plugin/style/related.css」を選びましょう。

11

そして、「.yarpp-related h3」の項目を探して、すべて削除してください。上の青い部分ですね。

5

これで保存すれば、見出しが上手く表示されるはずです。

 

以上、関連記事を表示するプラグインを紹介しました。一度設定すれば、自動で関連記事を表示してくれるので、かなり便利だといえます。おススメのプラグインですから、必ずインストールしておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ