【Google XML Sitemaps】sitemap.xmlを自動で生成するプラグイン

多くのページでは、サイトマップのページを作っていますよね。HTMLやPHPなどで作られたサイトマップは、主に人間が目にするために作られます。これは、サイトを閲覧しているユーザーに対して、サイト内の目次を提供するためのものです。

それに対して、sitemap.xmlは、検索エンジンのクローラーのための目次となります。「Google XML Sitemaps」を使えば、記事を更新するたびにsitemap.xmlを自動で生成してくれます。なので、「PS Auto Sitemap」と合わせてインストールしておきましょう。

 

Google XML Sitemapsの設定

1

プラグインの新規作成から、「Google XML Sitemaps」を検索してインストールしましょう。そして、有効化を行います。

2

ダッシュボードから、「設定」⇒「XML-Sitemaps」へと進みます。

3

基本的には、デフォルトの状態でも十分に機能します。ただ、robots.txtを設置している場合は、「サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加」のチェックを外しておきましょう。

4

「追加ページの設定」では、Wordpress以外のディレクトリのURLも含めることができます。たとえば、「example.com」のドメインで「example.com/blog/」でWordpressを利用している場合、「example.com」もsitemap.xmlに含めることができます。

「新しいページの追加」から、該当のURLを指定しましょう。

5

「Sitemap コンテンツ」において、sitemap.xmlに含めるコンテンツを指定できます。

6

除外したいカテゴリや記事があるなら、こちらで指定可能です。

 

sitemap.xmlの必要性について

SEOを考えた場合、sitemap.xmlは必要無いという人がいます。数十万ページもあるような大規模サイトならともかく、数千ページ以下のサイトなら問題なくクロールされるからです。実際、Google自身も「サイトマップの送信はインデックスを補償するものではない」と明言しています。

だから、サイトマップを生成したからといって、SEO対策は万全だと思わない方が良いでしょう。私自身も、「やらないよりはマシ」という感覚でサイトマップの送信をしています。ただ、プラグインを使えば自動で行ってくれますから、特に気にする必要は無いかもしれません。

でも、HTML形式のサイトマップは、ユーザビリティを考えれば必須だといえます。なので、必ず設置するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ