【WP Social Bookmarking Light】ソーシャルボタンをまとめて表示するプラグイン

最近のブログの多くは、はてブやTwitter、Facebookなどのソーシャルボタンを設置しています。こういったボタンがあると、ソーシャルネットワークで拡散されやすくなるからですね。今では、TwitterやFacebookのアカウントは、持っていて当たり前の時代です。

なので、ユーザーがシェアしやすいように、ソーシャルボタンを設置しましょう。でも、色々なボタンを用意するのは面倒ですし、キレイなレイアウトで配置するのは知識が無いと出来ないですよね。

そういった時は、「WP Social Bookmarking Light」というプラグインを使いましょう。このプラグインを使うだけで、数十種類のソーシャルボタンの中から、好きなものを選んで設置することができます。ブログには無くてはならない機能なので、ぜひ利用することをおススメします。

 

「WP Social Bookmarking Light」の設定

1

プラグインの新規追加から、「WP Social Bookmarking Light」と検索してインストールします。そして、プラグインを有効化してください。

2

ダッシュボードから、「設定」⇒「WP Social Bookmarking Light」を選択して、設定画面へと移行します。

3

「一般設定」では、ボタンを表示する位置を設定できます。「位置」は、記事の上部、下部、両方の中から選ぶことが可能です。また、「個別記事のみ」で「No」を選択すれば、トップページの一覧にもボタンが表示されます。さらに、「ページ」では、固定ページでボタンを表示するかを設定します。

最も重要なのが、ボタンの位置ですね。見やすい場所に配置することで、拡散される可能性が高くなります。

4

「Top」を選択すると、記事の上部にボタンが配置されます。

5

「Bottom」にすれば、記事の下部にボタンの表示がされます。

6

「Both」だと、記事の上部と下部にボタンが表示されます。これが、最もおススメの表示位置ですね。タイトルで気に入れば上部のボタンで拡散されますし、コンテンツを読んで良いなと思ったら下部のボタンで拡散できます。なので、「Both」にしておくことをおススメします。

7

「サービス」の項目では、表示するボタンの種類を選ぶことができます。色々なソーシャルボタンが用意されていますが、絶対に必要なのが以下の5つです。

  • はてブボタン
  • Facebookいいねボタン
  • Twitterボタン
  • Google+1ボタン
  • Poketボタン

ほとんどのブログを見ても、この構成にしている場合が多いです。ボタンが多すぎると見た目が煩雑になりますから、これ位にするのがベストだといえるでしょう。

 

ソーシャルボタンの個別設定

Twitterボタン

8

Languageで「Japanese」を選択し、Countで「horizontal」を選択しましょう。こうすれば、ボタンが日本語で表示されて、ツイート数もカウントされます。

そして、一番上のViaで自分のツイッターアカウントを登録すると、ツイートされた時に自分のアカウントIDも拡散されます。これは、必須ではないので、アカウントがあれば登録しておきましょう。

 

はてブボタン

9

ボタンの種類を選択できます。いろいろ試してみて、自分の好きなものを選びましょう。

 

Facebookいいねボタン

10

Lacaleで「ja_JP」と入力すると、日本語の設定となります。

11

Layoutでボタンの種類を選択します。Actionでは、ボタンの表記の選択。Shareで、シェアボタンを設置するかの選択が可能です。

 

Google+1ボタン

12

Languageで「Japanese」とすれば、日本語の設定となります。Annotationでは、ボタンの種類が選択できます。

 

Poketボタン

13

Button typeでは、「horizontal」を選択すると押された回数をカウントできます。

全てを設定したら、保存をしましょう。

14

上のような形で表示されていれば、完了となります。こういったボタンがあれば、ユーザーもシェアしやすいはずです。

 

有益なコンテンツの作成に力を注ぐ

ソーシャルボタンを配置したからといって、必ずシェアされるとは限りません。人の目で見て価値のあるコンテンツだと思われないと、シェアされることは無いからです。なので、価値のあるコンテンツを作れるように、日頃から意識をしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ