WordPressにおけるアクセスアップの方法とは?

一般的に、Wordpressを使用してサイトを作成すると、SEO対策に強いと言われています。これは、私自身も感じていることで、通常のHTMLのサイトよりもWordpressで作ったサイトの方がインデックスのスピードが圧倒的に早いです。

サイトマップを送信するプラグインやPing送信などもできるので、クローラーが頻繁にサイトへ巡回してくれているからだと思います。そして、Google検索の責任者であるマット・カッツ氏も、WordPressのSEO効果も認めているようです。

Googleでよい結果を残したいなら、WordPressは賢い選択。
WordPressは、その技巧の80-90%をSEOに対して気遣っている。
WPを使えばそれだけで上位表示できるということではなく、WPにはSEOに適した仕組みがたくさん備わっているうえに、簡単に使えるということでしょう。

だから、これからサイト運営をするのであれば、Wordpressを選ぶのが良いでしょうね。

 

WordPressのアクセスアップのためのプラグイン

もちろん、デフォルトの状態でもアクセスを集めやすいですが、プラグインを活用することで効果的にアクセスアップを狙えます。最低でも、以下のプラグインはインストールしておくべきでしょう。

他にも、数えきれないほどのプラグインがありますが、とりあえずはこれらをインストールしてください。

そして、これからのアクセスアップに最重要なのが、ソーシャルメディアの活用ですね。TwitterやFacebookなどで、シェアされるということが何よりも大切です。また、ソーシャルメディアで多くシェアされているコンテンツほど、色々なサイトからのリンクも集めやすいです。

だから、拡散されるコンテンツを作ることが、SEO対策にも繋がるというわけですね。役に立つ記事や面白い記事などの有益なコンテンツを作れば、多くの人に見てもらえるでしょう。

 

コンテンツ作りのポイント

先述したように、有益なコンテンツを作ることが何よりも大切です。では、どんなコンテンツが有益と言えるのか?以下で、解説をしたいと思います。

 

専門性を高める

多くのアクセスを集めようと、色々なジャンルの記事を書くのは逆効果となります。狭いテーマに絞って、深く掘り下げた記事を書くことでコンテンツとして価値を持つわけですね。

実際のお店で考えても、食器を買うのであれば、オールジャンルの雑貨屋よりも食器専門店の方が、良いものが置いていそうですよね。なので、専門性を高めれば、それだけで価値があるということです。

当サイトでは、サイト運営者のためのWebデザインやWordpressの知識を紹介しています。そして、それに付随するレンタルサーバーの比較などもしているわけです。このように、特定のジャンルに絞ってコンテンツを書くようにすれば、定期的にサイトを訪問するファンも増えるでしょう。

 

ターゲットを明確にする

上記の専門性と共通する概念ですが、「誰に向けて書くのか?」ということも明確にしないといけません。明確なターゲット層が決まっていれば、コンテンツの内容もおのずと決まってくるはずです。

何を書けば良いのか分からないという人は、ターゲット層が定まっていない可能性があります。なので、頭の中に明確な人物像を思い浮かべて、コンテンツを考えるようにしましょう。そうすることで、専門性も自然と高くなっていくはずです。

 

読者のメリットを考える

メリットが無いコンテンツは、誰からも読まれることはありません。「役に立つ」であったり、「面白い」と思えたり、何らかのメリットがあるからコンテンツを見るわけですよね。だから、自分のコンテンツにメリットがあるかどうかも、十分に考えないといけません。

明確なメリットがあれば、ソーシャルメディアでシェアされるはずです。コンテンツを作るときに、「どんなメリットがあるのか?」を考えると良いものが出来ると思います。意外と忘れがちな概念ですから、しっかりと覚えておきましょう。

 

以上、Wordpressにおけるアクセスアップの方法を紹介しました。これは、一朝一夕で出来ることではありませんし、毎日の積み重ねが必要となってきます。努力と根気が無いと出来ないことですから、毎日コツコツ頑張ることを忘れないでください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ