WordPressのRSSフィードURLの確認とRSSボタンの設置方法

ブログのアクセスアップで最も重要なのが、リピートユーザーを増やすことです。1度来たユーザーにファンになってもらい、その後も訪問してもらうということですね。「WordPressにおけるアクセスアップ」の記事で紹介したのは、基本的には新規ユーザーの獲得方法です。

検索エンジンやソーシャルネットワークからは、ほぼ新規のユーザーしか集まりません。だから、安定してアクセスを獲得するために、RSSフィードの配信を行いましょう。RSSとは、ブログの更新情報を通知するサービスです。

ユーザーのRSSリーダーにブログを登録してもらえば、自分のブログを更新するたびに相手へ通知が届くようになります。だから、何度でも訪問してもらえるわけですね。アクセスアップにおいて重要なことなので、覚えておくようにしましょう。

 

RSSフィードを確認する

WordPressの場合だと、自動的にRSSフィードを発行しているはずです。なので、フィードのURLを確認しましょう。

デフォルトのパーマリンクの場合だと、「http://○○.com/?feed=rss2」となっていることが多いです。

また、パーマリンクを変更していれば、以下のURLに該当していると思います。

  • http://○○.com/feed/
  • http://○○.com/feed/rss/
  • http://○○.com/feed/rss2/
  • http://○○.com/feed/rdf/
  • http://○○.com/feed/atom/

参考URL:http://codex.wordpress.org/WordPress_Feeds

どうしても分からない場合は、以下の方法で確認してください。

1

ウィジェットから、「メタ情報」を追加します。

2

メタ情報の中から、「投稿のRSS」という項目を確認してください。そこのURLが、RSSフィードとなっています。

 

RSSボタンを設置する

まずは、RSSのアイコンを用意しましょう。以下のサイトで、無料でダウンロードできます。気に入ったものを選んでください。

3

そして、メディアの新規追加から、RSSボタンをアップロードします。

4

次に、ウィジェットにテキストを追加して、RSSボタンとRSSフィードを記述しましょう。

<a href=”http://○○.com/feed/”><img src=”http://○○.com/img/feed.png”></a>

これで、RSSボタンの設置は完了です。

また、カテゴリを絞ってRSSを配信することもできます。たとえば、当サイトの「Wordpress」カテゴリのRSSを配信するなら、「https://sabasaba-club.com/wordpress/feed/」となります。つまり、/feed/の前の部分がRSSの配信元となるわけですね。

ですから、ジャンルを分けてRSSにしたいのであれば、それぞれのURLを記述するようにしましょう。

ちなみに、当サイトのRSSは、以下となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ