MySQLデータベースのエクスポートとインポート方法

WordPressは、PHPとMySQLを利用したプログラムです。そして、記事のデータ類は、すべてMySQLのデータベース内に保存されています。なので、サーバー移転などでデータを移行する場合には、MySQLのデータを移し替えないといけません。

MySQLのエクスポートやインポートは、「phpMyAdmin」から行います。初心者には難しいかもしれませんが、知識として知っておいてください。また、データのバックアップを取る際にも、phpMyAdminからエクスポートしておくと便利です。

どうしても難しい場合は、Wordpressのツールから記事データをエクスポートすることが可能です。「WordPressの記事のエクスポートとインポート」を参考にしてください。

 

データベースのエクスポート

1

まずは、phpMyAdminにログインします。エックスサーバーだと、サーバーパネルのphpMyAdminからログインすることができます。どのレンタルサーバーでも、データベースという項目があるはずなので、そこからログインましょう。

2

エクスポートをクリック。

3

左上の項目で、エクスポートするファイルを選択します。そして、画像の様にチェックを入れましょう。「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加」のチェックが外れていることが多いので、しっかりとチェックを入れてください。

4

「ファイルに保存する」にチェックを入れて、実行ボタンを押せばデータベースをエクスポートできます。大切に保管するようにしてください。

5

エクスポートできたら、テキストファイルで開いてみましょう。文字化けしていると設定ミスなので、もう一度やり直しとなります。

 

データベースのインポート

6

phpMyAdminのインポートをクリック。

7

ファイルを選択して、実行ボタンを押せばインポートできるはずです。

 

WordPressのファイルをアップロードする

データベースを移行したら、Wordpressのファイルも忘れずにアップロードしましょう。「wp-content」内にある「plugins」「themes」「uploads」などですね。テーマと画像、プラグインをアップロードして、ちゃんとサイトが表示されるか確認してください。

また、サーバー移転の場合だと、ドメインのネームサーバーが浸透するまでに2~3日掛かる場合があります。なので、旧サーバー内にもファイルを残しておくようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ