【EWWW Image Optimizer】画像サイズを自動で圧縮するプラグイン

定期的にサイトを更新していくと、画像の量も増えていきますよね。画像はテキストよりもファイルサイズが大きいですから、画像を多用したサイトの場合だと表示速度が遅くなったりすることがあります。

サイトの表示速度が遅いとユーザーにとってストレスになりますし、検索エンジンからの評価も下がりがちです。なので、できるだけ画像のファイルサイズを小さくして、サイトが重くならないように注意しましょう。

そこでおススメなのが、「EWWW Image Optimizer」というプラグインです。このプラグインは、アップロードした画像を自動で圧縮してくれます。フリーソフトなどを使って手動で画像を圧縮する人もいますが、それだと手間が掛かりますよね。

プラグインを使えば自動で行えるので、積極的に利用しましょう。

 

EWWW Image Optimizerのメリット

画像をアップロードすると自動で圧縮してくれる

ページ内に大量の画像があっても、アップロード時にすべてのサイズを圧縮します。処理も高速なので、ほとんど時間をかけることなくサイズを小さくすることが出来るわけです。画像の劣化もほとんど無いですから、不自由を感じることは無いでしょう。

 

過去にアップした画像も一括で圧縮可能

新規の画像だけでなく、すでにメディアライブラリに入っている画像なども、まとめて圧縮することができます。なので、たくさんの画像をアップしているサイトほど、恩恵を受けることが出来るはずです。

 

EWWW Image Optimizerの設定

1

プラグインの新規追加から、「EWWW Image Optimizer」と検索してインストール。そして、プラグインを有効化しましょう。

2

基本的には、有効化しただけで問題なく機能してくれます。ただ、さらに使い勝手を向上させるために、細かく設定を行いましょう。ダッシュボードから、「設定」⇒「EWWW Image Optimizer」へと進みます。

3

「Basic Settings」の項目で、「Remove metadata」にチェックを入れましょう。ここにチェックを入れることで、画像の「Exif情報」を削除することができます。

通常、デジカメなどで写真を撮ると、画像に撮影日時やカメラの設定などの情報が入ります。これが、Exif情報ですね。余計な情報があるとファイルサイズが大きくなるので、削除するための設定となります。

4

次に、「Conversion Settings」の項目で、「Hide Conversion Links」にチェックを入れましょう。このプラグインには、画像の種類を変更する機能があり、「JPG⇒PNG変換」や「PNG⇒JPG変換」などが行えます。

5

メディアライブラリを見ると、上の画像のように「JPG to PNG」というリンクが出ます。ただ、この機能は使う機会が無いですし、リンクがあると邪魔ですよね。そこで、「Hide Conversion Links」にチェックを入れると、このリンクを消すことができます。

以上で、設定は完了となります。

 

画像を圧縮してみる

11

試しに、新規で画像をアップロードしてみました。

6

メディアライブラリでは、圧縮率を確認することができます。今回の場合だと、6.2%の圧縮で4.6KBのサイズを減らすことが出来ました。

 

過去にアップロードした画像を圧縮する

7

ダッシュボードから、「メディア」⇒「Bulk Optimize」へと進みます。

8

「Optimize Media Library」では、メディアライブラリ内の画像を一括で圧縮します。そして、「Optimize Everything Else」では、テーマ内のアイコンなどを圧縮することが可能です。

9

「Optimize Media Library」の「Start optimizing」をクリックしてみました。

10

すると、過去にアップした画像も、圧縮されているのが分かります。

 

以上、「EWWW Image Optimizer」の使い方を紹介しました。一度設定してしまえば、後は自動で機能してくれます。表示速度を向上することは、すべてのサイトで求められていることです。かなり重要性の高いことですから、覚えておいてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ