SEOを意識したタイトルタグのキーワードの選び方

内的なSEO対策において、タイトルタグは最も重要な要素です。検索エンジンに対して、そのページの主要キーワードを示すものとなります。だから、適当に決めるのではなくて、ユーザーが検索しやすいキーワードを設定しないといけません。

どれだけ素晴らしいコンテンツを作っても、適切なキーワードがタイトルに入っていないと、検索されることは無いです。さらに、「meta description」も検索結果に表示される部分ですから、注目されやすい語句を並べる必要があります。

ここでは、タイトルタグのキーワードの設定方法を紹介していきます。

 

タイトルにおいて重要なこと

ページタイトルは、以下のように<title>タグで囲まれた部分を指します。

<title>○○○</title>

ここに記述する内容には、覚えておくべきルールがあります。

  • 重要なキーワードは左へ寄せる
  • 全角で32文字以内
  • 興味を引くフレーズがあるか
  • 覚えやすいサイトタイトルか

 

重要なキーワードは左へ寄せる

検索エンジンでは、左側から順にキーワードを読み込んでいきます。なので、文頭に近いキーワードほど、重要視しやすい傾向があるわけです。だから、検索してほしいキーワードを、なるべく文頭に持ってくるようにしましょう。

「おススメのダイエット方法を紹介」
「ダイエット方法は、これがおススメ!」

たとえば、上の2つのタイトルがあったとします。「ダイエット 方法」というキーワードで集客したい場合、下の方が有利だということですね。重要なキーワードは、なるべく左へ寄せるようにしてください。

 

全角で32文字以内

検索結果では、全角で32文字を超えるタイトルは省略されてしまいます。

1

上の例を見ると、途中でタイトルが切れてしまっていますよね。長すぎる文章だと、すべて表示されないので注意してください。どれだけ魅力的な文言であっても、途中で切れてしまったら意味がありません。

なので、全体的な文字数も考えて、タイトルを決定する必要があります。

 

興味を引くフレーズがあるか

ユーザーは検索をしたときに、タイトルや説明文を見てからクリックするかを判断します。なので、検索で上位に表示されたとしても、他のサイトよりもインパクトが無ければクリック率は下がりやすくなります。

さらに、最近だと検索結果でのクリック率も、順位変動に影響すると言われています。つまり、クリック率が低いと検索順位が下がる可能性があるということです。他のライバルサイトと比較して、魅力的なタイトルかどうかを考えましょう。

そのためには、実際に自分で検索してみる必要があります。ターゲットキーワードで検索をしてみて、ライバルサイトのタイトルを眺めてみてください。そして、それらよりもインパクトがあってクリックしたくなるフレーズを考えるわけですね。

さらに、タイトル下の説明文も重要です。これは、「meta description」と呼ばれる項目ですが、ここの記述内容も検索結果に表示されます。タイトルに加えて説明文も練り上げることで、クリック率を大幅に向上させることが出来るわけです。

2

ですから、クリックしたくなるようなフレーズを意識をしてみましょう。

 

覚えやすいサイトタイトルか

検索エンジンから来るアクセスは、基本的に新規ユーザーとなります。つまり、初めてサイトに訪れる人ですね。安定したアクセスを集めるためには、新規ユーザーをリピーターにしなくてはいけません。何度も繰り返し訪問してもらうことで、より信頼性がアップしますし、コンバージョンも高くなるはずです。

リピーターを増やすためには、有益なコンテンツを提供する必要があります。そして何より、「覚えやすいサイトタイトル」であることが重要ですね。当サイトのタイトルは「サバサバ倶楽部」ですが、サイト名で検索してくる人は多いです。覚えやすいサイトタイトルを付けることで、繰り返し何度も訪問してもらえます。

 
また、各ページのタイトルに、サイトタイトルを入れるのも重要となります。「ページタイトル|サイトタイトル」の形ですね。そうすれば、サイト名で検索した時に、他のページもヒットしやすくなります。

「SEOを意識したタイトルタグのキーワードの選び方|サバサバ倶楽部」

このページのタイトルも、「ページタイトル|サイトタイトル」となっています。

 

検索されやすいタイトルの選び方

上の4原則を意識すれば、それなりにSEOに即したタイトルになるはずです。しかし、他にも意識するべきことがあります。それは、「キーワードの分割」ですね。ユーザーは、1つのキーワードから来るものではありません。

たとえば、ダイエットに関する情報を探している人の場合、「ダイエット」「痩せる」「減量」など、色々なキーワードが想定されるわけです。なので、出来るだけ多くのニーズを受容できるキーワードを選定した方が良いですよね。

そのために、検索エンジンがキーワードをどのように認識しているのかを知りましょう。試しに、Yahoo!で「ハイビジョンビデオカメラ」と検索してみます。

3

検索結果から「キャッシュ」をクリックしてみてください。

4

そうすると、キーワードがハイライトで表示されると思います。上の例だと、「ハイビジョン」「ビデオ」「カメラ」の3つに分割されていますよね。つまり、検索エンジンは「ハイビジョンビデオカメラ」を3つの単語として認識しているわけです。

なので、タイトルに「ハイビジョンビデオカメラ」を入れておくと、「ハイビジョンビデオ」「ビデオカメラ」「ハイビジョンカメラ」などの検索でも引っかかる可能性があります。

このように、キーワードの分割を考えることで、色々なニーズをカバーすることが出来るわけです。幅広く検索にヒットする方がアクセスが増えやすいですから、検索キーワードを決めるときには注意しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ