H1タグ(見出し)は、SEOに影響するのか?

見出しと段落の使い分け」でも解説しましたが、H1~H6の見出しタグに入っているキーワードは、検索エンジンに重要視される傾向にあります。中でも、H1タグに入っているキーワードは、そのページ内を端的に表すものとして扱われます。

H1タグの内容で上位表示できるわけではありませんが、コンテンツのテーマを検索エンジンに伝えるためにも意識をした方が良いでしょう。ただ、やみくもにキーワードを詰め込むと、スパムとなる可能性があるので注意してください。

見出しタグは、読みやすいレイアウトにするためにも重要です。ユーザーがストレス無く読めるように、適切に見出しを使用するようにしましょう。

 

見出しタグを使う時のポイント

H1タグに限らず、すべての見出しを使用するときにはポイントがあります。これを知っているだけで、内的SEOに差が付きますから覚えておいてください。

  • 順序を守る
  • 文頭にキーワードを持ってくる
  • 読みやすさを重視する

 

順序を守る

見出しタグを使用するときには、順序に気を付けましょう。H1から順番に使うといった感じですね。

h1 → h2 → h3 → h4 → h5 → h6
h1 → h3 → h4 → h2

H1タグは、ページにつき1つまでとしましょう。ページ内の大見出しで、最重要のキーワードを入れるようにします。ただし、HTML5においては、セクションごとにH1タグを使用できるようになっています。

また、H2~H6タグは、ページ内で何回も使用して良い事になっています。ただ、やみくもに使用するのではなく、必要な個所で使うようにしてください。

 

文頭にキーワードを持ってくる

タイトルタグとSEO」でも紹介したように、キーワードは文頭に近いほど良いとされています。なので、キーワードの位置を考えながら見出しタグを使ってください。でも、文頭にこだわるあまり、文の内容が意味不明になるのは逆効果です。

ユーザー目線に立つことが最も大切なので、過剰にこだわるのは止めましょう。

 

読みやすさを重視する

先述したように、見出しはユーザーのためにあります。読みやすくするために使用するのが正しい使い方で、SEOを過剰に意識するのは間違いです。だから、キーワードの詰め込み過ぎや見出しタグの乱用は意味がありません。

雑誌や単行本と同じように、読みやすい位置で適切に見出しを使用してください。そうすれば、自然とキーワードの配置も最適化されますし、検索エンジンからの評価も高まりやすくなります。

 

スパム的な使い方に注意する

検索エンジンをごまかすような装飾はしない

CSSを使ってフォントサイズを小さくしたり、他のテキストに紛れさせるのは不可です。見出しタグとは、そのブロックでのテーマを表すためのものなので、目立たなくするような装飾はスパムと認定されるリスクがあります。

だから、一目で見出しと分かるようにする必要がありますし、明らかに不自然な装飾はしないでください。

 

画像を使うとスパムになる?

一昔前に、H1タグを画像にするとスパムになるという噂がありました。しかし、そんな心配はありません。画像でも見出しとして使用することが出来ます。ただ、その際には、alt属性を使用してキーワードを入れるようにしてください。

<h1><img src=”image.jpg” alt=”h1タグのキーワード”></h1>

ただし、「alt属性のSEO効果」で紹介したように、見出しに画像を使用すると、見出しとしての重要性が下がるようです。なので、使用する際には注意しましょう。

 

以上、見出しタグとSEO対策について解説をしました。上位表示に大きな効果があるわけではありませんが、ページ内のテーマを明確にするために必要です。テーマが曖昧だと検索に引っ掛かりにくくなるので、見出しでキーワードを指定するようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ