強調タグ(strong、em)はSEOに効果的なのか?

HTMLには、強調を示すタグがあります。それが、<strong>と<em>ですね。一般的なブラウザでは、<strong>は太字となり、<em>は斜体で表示されます。見え方は異なりますが、どちらも「強調」という意味でマークアップされるタグです。

一目でユーザーに重要な語句と印象づけることが出来ますし、検索エンジンにも重要キーワードとして認識させることが可能なので、SEOに効果があると言われていました。

ただ、最近だとSEOの世界では重要視されなくなっているので、あまり利用する人が少なくなっているのが現状です。そこで、ここでは強調タグの正しい使い方と注意点について解説を行います。

 

強調タグを使用するときのポイント

強調タグは、重要なキーワードに対して使用するタグです。見出しなどと同じように、そのページのテーマとなるキーワードで、マークアップを行うようにしましょう。

  • 重要なキーワードに使う
  • 乱用しすぎない
  • 文章全体に使用しない
  • 見出しの中では使用しない

 

重要なキーワードに使う

先述したように、そのページのテーマの語句に対して強調タグを使用します。なので、無関係なキーワードに使用してしまうと、そのページのテーマがブレてしまいます。そうなると、検索エンジンも正しく判別できなくなるので、狙っている検索キーワードに引っ掛からなくなるかもしれません。

 

乱用しすぎない

さらに、色々なキーワードに対して乱用してしまうと、スパムの認定を受けるリスクがあります。見出しタグも同じですが、適切な場所と頻度で利用するからこそ意味があるものです。なので、何でもかんでも強調タグを使用するのは止めましょう。

 

文章全体に使用しない

強調タグは、あくまでもキーワードに対して使用します。なので、文章全体をマークアップするのは止めましょう。1つの文章を丸ごとマークアップすると、何が重要なのか分からなくなってしまいます。強調度が分散してしまいますから、キーワードに絞って使用しましょう。

 

見出しの中では使用しない

重要な語句だからといって、見出しの中に強調タグを入れるのは止めましょう。HTMLの文法的には間違いでは無いのですが、強調が重複してしまうので無意味なタグとなってしまいます。先述したように、強調タグの乱用は控えるべきなので、見出しの中では使わない方が良いでしょう。

 

<strong><em>と<b><i>の使い分け

強調タグと同じ視覚効果を表すものとして、<b>と<i>があります。<b>は太字で表示され、<i>は斜体で表示されます。それぞれに意味は無く、単にテキストの装飾だけを行うものですね。詳しくは、「HTMLにおける強調表現」でも紹介しましたが、装飾はCSSで行いますから<b>や<i>はほとんど使用されません。

また、<strong>や<em>などの強調タグも、最近は使用する頻度が減っていますね。なぜなら、使用するだけで上位表示できるようなものでは無いからです。なので、大きなSEO効果が見込めないため、CSSを使って装飾する人が増えているようです。

 
でも、HTMLの本来の意味からすると、強調を示すタグを使う機会は多いはずです。検索結果に影響することは少ないですが、重要な語句に対しては使うべきだといえます。もちろん、乱用するのは御法度ですが、適切な場所を見極めれば積極的に使用するべきです。

1ページにつき、2~3個程度に絞れば有効性の高いタグだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ