noindex を使って不要なページを整理する

メタタグの種類の一つで、noindex というものがあります。このタグが記述されたページは、検索エンジンにインデックスされなくなります。だから、検索をしたとしても、表示されなくなるわけですね。

必要性がよく分からない人もいるかもしれませんが、2012年にGoogleで「パンダアップデート」と呼ばれるアルゴリズムが導入されました。これは、低品質なページがあるサイトの評価を下げるという仕組みです。

これにより、役に立たないページを大量に保有しているサイトは、大きく順位を落としてしまう可能性があります。一部のページの品質が低いだけで、サイト全体に影響することがあるわけです。だから、コンテンツの品質が重要視されるわけですね。

そういった時に役に立つのが、noindex です。低品質なページに noindex を記述すれば、検索結果から消えるので評価が下がることはありません。これからのSEO対策において、重要な意味を持つタグなので、覚えておきましょう。

 

noindex の有効な使い方

ユーザビリティのため

無駄なページがサイト内にある場合は、削除してしまうのが一番簡単な方法です。でも、ユーザーのことを考えると、削除しない方が良い場合もありますよね。たとえば、タグやアーカイブ、サイトマップなどです。

これらのページは、主にリンクだけで構成されており、オリジナルコンテンツが入っていません。だから、検索エンジンからすると、低品質なページとみなされます。でも、ユーザーからすれば、他のページへアクセスするために必要ですよね。

そういった時に、noindex を記述するわけです。これだと、検索エンジンにインデックスされないので、サイトの評価は下がりません。また、サイト内ではユーザーが他のページを見つけやすくなるので、ユーザビリティも向上するわけです。

 

テストページなどの作成

Webデザインをするときに、未完成のページを仮でアップロードすることがあります。でも、そのページは未完成ですから、検索エンジンにインデックスされると困りますよね。こういった場合にも、noindex を記述しましょう。ページが完成するまでの間、noindex を記述しておけば人目に触れることはありません。

また、PPC広告などを運用している人は、複数のランディングページを作って成約率をテストすることがあります。でも、これだとほぼ同じ内容のページが複数存在することになります。なので、検索エンジンから重複ページとみなされることがあるわけですね。こういった時にも、noindex を入れることでペナルティを受けなくて済みます。

 

noindex の設定方法

そのページをインデックスさせたくないなら、<head>の項目に以下のコードを記述します。

<meta name=”robots” content=”noindex”>

また、Wordpressでサイト運営をしているなら、「All in One SEO Pack」というプラグインで、簡単に noindex を実装することができます。記事の投稿欄で設定できるので、「Robots Meta NOINDEX」にチェックを入れましょう。

1

カテゴリやタグページを noindex にしたいなら、「General Settings」の項目で設定することができます。

2

ただし、noindex を記述したとしても、検索エンジンのクローラーは巡回します。巡回を拒否したいなら、nofollow や robot.txt で設定をしましょう。また、noindex を挿入してからインデックス削除されるまでには、タイムラグがあります。数週間程度かかる場合がありますから、注意してください。

noindex は、記述するだけで検索エンジンから消えてしまいます。かなり強力なタグなので、間違って必要なページに記述しないようにしてください。一度検索エンジンから消えると、再び復活するまでに時間が掛かります。

なので、よく考えてから慎重に使用しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ