SEOで集客するためのキーワード選びのポイント

ネットから集客するためには、キーワード選びが最重要となります。SEO対策の肝となる部分ですね。「クレジットカード」や「ダイエット」などのビッグワードで上位表示できれば、膨大なアクセスを呼び込むことができます。

しかし、ライバルも非常に強いため、攻略するのは容易ではありません。年単位で取り組んでも、上位表示できない可能性すらあります。なので、比較的簡単にアクセスを集められて、集客に繋がるキーワードを見つけなくてはいけません。

ここで注意したいのが、検索者のニーズを読み取ることです。ターゲットとなる人が、実際に検索する言葉でないといけないわけですね。たとえば、リフォームのサイトを作るのであれば、「シロッコファン」や「ラーメン構造」などの専門用語は使わない方が良いです。

なぜなら、一般のユーザーには知られていない言葉だからです。業界では当たり前の用語でも、ターゲット層が知らないと検索されません。なので、検索者のニーズを考えて、キーワードを設定するようにしてください。

 

キーワードの分類

SEOで設定するキーワードは、大きく分けると以下の3つに分類されます。

  • ビッグキーワード
  • ミドルキーワード
  • スモールキーワード

順番に解説をしましょう。

 

ビッグキーワード

検索数が高くて、競合が多いキーワードです。一般的に、単一キーワードであることが多いですね。たとえば、「クレジットカード」や「ダイエット」などが該当します。簡単には上位表示するのが難しいですが、最終的には目指すべきキーワードだといえます。

そのサイトのメインキーワードとして設定をして、トップページでの上位表示を狙います。なので、サイトのトップページのタイトルタグには、ビッグキーワードを含めるようにしてください。

 

ミドルキーワード

ビッグキーワードよりも対象を絞り込んで、より購買意欲の高いキーワードとなります。なので、2語からなる複合語になることが多いですね。たとえば、「クレジットカード 比較」「ダイエット 方法」などが該当します。

ビッグキーワードと比較すると、検索数や競合が少なくなります。そして、成約率が高くなりますから、かなり狙い目のキーワードですね。ミドルキーワードもトップページでの上位表示を狙うので、タイトルタグに含めると良いでしょう。

 

スモールキーワード

ミドルキーワードよりも、さらに対象を絞り込んだキーワードです。だから、3語以上の複合語となることが多いです。例を出すと、「クレジットカード 比較 ランキング」や「ダイエット 方法 おススメ」などがあります。

検索数が非常に少ないですが、かなりニーズが具体的なので成約率は高くなります。上位表示も難しくないので、個別ページからのアクセスを狙うかたちです。集客の要としては、いかに多くのスモールキーワードを見つけるかになります。

ロングテールで大量のアクセスを拾うことができれば、必然的に売り上げの高いサイトを作ることが可能です。

 

キーワード選びの注意点

キーワードを見つけるときに、注意するべきポイントがあります。以下で紹介するので、覚えておきましょう。

 

同義語・類語

ジャンルによっては、同じ意味を指す複数のキーワードがあります。たとえば、「リフォーム」と「改装」であったり、「散歩」と「散策」といった感じですね。また、類語であれば、「ダイエット」と「痩せる」であったり、「スキンケア」や「アンチエイジング」などもあります。

同じ意味だとしても、キーワードは別なので、どちらかを設定しないといけません。検索ボリュームや成約率などを予想して、適正なキーワードを選択するようにしましょう。

 

キーワードの分割(形態素解析)

検索エンジンは、テキストをキーワードの集合体として認識しています。たとえば、「ハイビジョンカメラ」は、「ハイビジョン」と「カメラ」の2語として認識されているわけですね。この分割について知っておかないと、検索エンジンに間違って認識されてしまうことがあります。

一例を出すと、「花屋」はこれがキーワードの最小単位(形態素)として認識されます。なので、「花」というキーワードとは、別物として扱われるわけですね。キーワード選定において重要ですから、覚えておいてください。

SEOを意識したタイトル選び」でも解説しているので、読んでみてください。

 

英語やカタカナ

メーカ名や商品名などは、色々な言い方があります。たとえば、「Panasonic」や「パナソニック」などですね。これも意味は同じですが、キーワードとしては別の扱いとなります。また、略語なども注意が必要でしょう。「就職活動」と「就活」などといった感じです。

これらも、検索ボリュームと成約率を考えて、どちらかを設定しないといけません。

 

間違い表記や表記ゆれ

「サーバー」と「サーバ」などや、「引っ越し」と「引越し」など、表記の仕方が異なる場合がありますよね。どちらも正しい表現ですが、人によって表記の仕方が変わります。最近では、検索エンジンの精度が上がっているので、表記ゆれも同じキーワードと認識されることが多くなりました。しかし、完全とは言えない状態ですから、どれかに絞った方が良いでしょう。

また、「ヴィトン」と「ビトン」のように、間違えて検索する人もいます。なので、間違いキーワードに絞るというのも、賢いやり方かもしれません。ライバルが極端に減りますから、簡単に上位表示できる可能性があります。

 

以上、キーワード選びのコツを紹介しました。かなり奥が深いので完璧に対策するのは難しいですが、ページを作るときには必ず意識するようにしてください。これで売り上げが大きく変わったりするので、かなり重要なことです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ