キーワード出現頻度をSEOに最適化する

検索エンジンは、Webページの内容をキーワード単位で解析しています。たとえば、「ダイエット」というキーワードが多ければ、ダイエットのサイトだと認識します。そして、「ラーメン」というワードが多いなら、ラーメンのサイトだと識別するわけですね。

そこで、以前に言われていたのが、キーワードの出現頻度についてです。検索エンジンにサイト内容を認識させるために、キーワードの数を調整するという考え方です。

ダイエット関係のサイトなのに、「ダイエット」というキーワードが少なすぎると、別のジャンルのサイトだと思われるかもしれません。だから、キーワードの数を調整して、検索エンジンに認識してもらおうというわけですね。

最適だと言われていたのが、5~7%程度の数値です。これ以上だと逆にスパムと認定されてしまうので、最適な基準に合わせるべきだと言われていました。

 

キーワード出現頻度は必要ない?

ですが、今の検索エンジンにとっては、キーワード出現頻度は関係なくなっているようです。ページを解析する精度が格段にアップしていますから、どんなジャンルのサイトなのかを判別できるようになったからですね。海外のSEO対策の権威の人たちも、「キーワードの出現頻度は関係ない」と断言しています。

特定のキーワードが含まれていなくても、関連キーワードだけで検索結果に出てくる場合もあります。だから、これからWebページを作成するときには、出現頻度に関しては考える必要は無いでしょう。

ただ、タイトルタグやH1タグにキーワード入れるのは重要ですから、今後も意識をした方が良いですね。

 

キーワード出現頻度を調べる

キーワードの出現頻度を意識する必要はありませんが、キーワードが多すぎるとスパムとなってしまいます。過剰にキーワードを詰め込む手法は、「キーワード・スタッフィング」と呼ばれていてペナルティの対象となります。

具体的に何%以上がスパムになるという基準は無いですが、読んでいて違和感があるレベルなら改善した方が良いでしょう。

そこで、キーワードの出現頻度を調べるツールを紹介します。

⇒キーワード出現頻度解析ツール

1

入力フォームにURLを打ち込んで、「解析」をクリックします。「ファイル選択」で、テキストファイルなどを指定することも可能です。

2

そうすると、キーワード単位で出現する頻度が解析できます。

ここで、10%を超えたりすると注意が必要ですね。10%以上だと読んでいても違和感が出てくると思うので、少しキーワードを減らした方が良いかもしれません。

 

以上、キーワードの出現頻度について解説をしました。検索エンジンに好かれるコンテンツを作ることも大切ですが、それ以上に重要なのが読みやすさです。閲覧者が読みやすいコンテンツを作ることで、ユーザビリティの高いサイトになりますから、普段から意識するようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ