サーバー上で削除できないファイルやフォルダができてしまったら?

20140924-3FTPソフトでサイトをアップロードすると、削除できないファイルができてしまうことがあります。これは、CGIやPHPなどのプログラムを使用していると、こういった現象になりやすいようですね。

このまま放置していても問題無いことが多いですが、管理がしづらくなのでできれば消した方が良いでしょう。FTPソフトで削除できないなら、サーバーのコントロールパネルで試してみてください。そうすれば、削除できることがあります。

それでもダメなら、FTPソフトの設定を変えてみましょう。

ftp

FTPソフトで「ホストの設定」⇒「高度」と進みます。そして、上記のようにチェックマークを外してください。

  • LISTコマンドでファイル一覧を取得(L)
  • 可能であればMLSDコマンドで一覧を取得(M)
  • NLST-Rを使って高速に再帰検索(N)
  • フルパスでファイルをアクセスしない(F)

これらをチェックが無い状態にして、再度ファイルを削除してみてください。それだと、削除できるかもしれません。

 

また、初歩的なことですが、ファイル名に使用できない文字を使っていると、削除できないことがあります。ファイルやフォルダで使用できる文字は、「半角英数字」や「_(アンダーバー)」、「-(ハイフン)」や「.(ピリオド)」だけとなります。

それ以外の、全角文字などを使用していると、上手く動作しませんから確認をしてみましょう。半角英数字に変更すれば、削除できる可能性が高いです。

 

上記の方法をすべて試しても無理だったら、サーバー会社に連絡をして削除の依頼をしましょう。これで、ほぼ確実に削除できるはずです。ただし、伝え方を間違えると、必要なファイルも削除されるリスクがあります。ですから、ちゃんと不要なファイルを明確に伝えるようにしてください。

以上、サーバー上のファイルやフォルダを削除する方法を紹介しました。こういった時に大切なのは、慌てないということです。冷静に対処すれば必ず解決できるので、まずは落ち着くようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ