ドメイン名はSEOに影響するのか?

ネットで検索をすると、上位に日本語ドメインが表示されていることがありますよね。検索キーワードが含まれているドメインが、上位を独占しているという状況は珍しくありません。ドメイン名は、そのサイトの内容を端的に表すものなので、検索のアルゴリズムの一つに含まれている可能性が高いです。

実際、Googleは過去に、完全一致キーワードのドメインの評価を下げる「EMDアップデート」を導入したことがあります。これは、ドメインにキーワードが含まれていると、検索で有利になるという状況を示していますよね。

EMDアップデート以降も、検索キーワードを含むドメインが上位表示しているのを頻繁に目撃します。なので、ドメイン名はSEOに深く関係していると言っても良いでしょう。

 

日本語ドメインの効果

日本語ドメインは、Punycodeで変換されており、「サバサバ倶楽部.com」は「xn--vcka4fb4031bly5ahx9c.com」となります。これが、ブラウザで表示した時には、日本語に変換されて表示されるわけですね。

過去に、日本語ドメインが異常に強い時期がありました。どのキーワードでも日本語ドメインが上位を独占していて、アフィリエイトサイトが乱立していた状態でした。そして、今では少し落ち着きましたが、依然として日本語ドメインが強いという印象はあります。

1

EMDアップデートで低品質なサイトは順位を落としましたが、コンテンツをしっかりと入れているサイトは生き残っていますね。なので、これからも日本語ドメインの強さは続くのかもしれません。

ただ、将来的にアルゴリズムが変更されたときには、どうなるのか予想できないです。どちらにしろ、ドメイン名は小手先のテクニックにすぎませんから、それよりも有益なコンテンツの作成に力を入れた方が良いでしょう。

私の場合、将来的なリスクを考えて、日本語ドメインは使っていません。長くサイトを運営していれば、どんなドメインでも強くなるものです。だから、あんまりこだわりすぎるのも、良くないと思いますね。

 

URLに日本語を含める

WordPressでサイトを運営していると、パーマリンクで日本語を設定することができます。

2

そこにキーワードを含めると、検索した時に太字で表示されます。かなり目立つので、クリック率が上がるという話もあります。インパクトがありますから、多少の効果はあるかもしれませんね。

しかし、最近だと日本語部分がカットされることも多くなっているので、検索結果に表示されないこともあります。だから、将来的には効果が無くなるかもしれません。

 

ドメインに英語のキーワードを含める

狙っているキーワードが英語の場合だと、ドメイン名にキーワードを含めるのは有効だと思われます。たとえば、Wordpressの解説サイトなら、ドメインに「wordpress」を入れても良いでしょう。検索した時にドメイン部分が太字となるので、クリック率が上昇する可能性があります。

EMDアップデートの対象となる可能性がありますが、しっかりとコンテンツを作り込んでいれば大丈夫だと思います。ただ、これも日本語ドメインと同じように、小手先レベルのテクニックです。最も重要なのはコンテンツの質なので、ユーザーから評価されるサイトを目指しましょう。

また、キーワードをローマ字表記したドメインを取得する人がいますが、これはほぼ無意味だと思われます。例えば、青汁のサイトなら「aojiru.com」といった感じですね。ただ、SEOには無意味であっても、覚えやすさという意味では価値があるドメインかもしれないですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ