SEO対策に効くアンカーテキストの貼り方

検索エンジンのランキングの決定要因として、外部リンクは最重要だとされています。色々なサイトからリンクが貼られているサイトは、それだけ人気があると見なされるわけです。なので、検索エンジンでも上位に表示されやすくなります。

そのため、自分で複数のサイトやブログを作って、そこからメインサイトへリンクを送る手法が昔から行われています。これは、自作自演リンクと言われますが、外的SEOの基本とされていますね。なので、SEO業者などでは、リンクを販売していたりします。

そして、リンクを貼る際に重要なのが、アンカーテキストですね。アンカーテキストとは、リンクを貼る際に記述する文言のことです。

<a href=”http://○○.com/”>ここにアンカーテキストが入る</a>

アンカーテキストにターゲットキーワードを記述することで、そのキーワードで上位に表示されやすくなります。だから、リンクを貼る際には、キーワードを含めることが大切なわけですね。

しかし、こういった自作自演リンクや有料リンクは、Googleのガイドライン違反となります。なので、ペナルティを受けてしまって、検索結果から除外されるリスクもあるので注意してください。

 

Yahoo!の例

有名な話ですが、検索エンジンで「出口」と検索すると、1位に Yahoo!JAPAN のサイトが表示されます。

1

これは、アダルトサイトなどで、「出口」というアンカーテキストで Yahoo!JAPAN へリンクしているからです。18歳未満の閲覧を禁止するために、トップページに「入口」「出口」と選択させているわけですね。

アンカーテキストが、検索の上位表示に影響していることを示す例だといえます。

 

アンカーテキストの分散

自作自演リンクを貼るときの注意点ですが、同じアンカーテキストばかりだとペナルティを受けやすいです。なので、いくつかの種類に分散させることが重要です。たとえば、「育毛剤 比較」がターゲットキーワードであれば、以下のように分散します。

  • 育毛剤 比較
  • 育毛剤のページ
  • 育毛剤を比較するサイト
  • サイトのURL
  • 詳しくはコチラ

自分でリンクを貼るのはガイドライン違反なので、あくまでも自然に貼られたリンクだと思わせないといけません。なので、色々なアンカーテキストでリンクを貼って、自然さを装うわけです。

Googleでは、ペンギンアップデートと呼ばれるアルゴリズムを何度か実施しています。これは、不自然なバックリンクを得ているサイトの評価を落とすプログラムです。自作自演のリンクは、かなりの精度でペナルティ対象となるので、十分に注意しましょう。

 

内部リンクでの対策

不自然な外部リンクはガイドライン違反ですが、サイト内のリンクは自由に貼ることができます。内部リンクは、外部リンクよりも重要度は低いですが、それでもアンカーテキストが大切だといえます。

なので、そのページのターゲットキーワードをアンカーテキストに含めるようにしましょう。「こちらのページ」とか「詳しくはコチラ」などでは、非常にもったいないと思います。

あと、内部リンクを増やすことで、クローラーがサイト内を巡回しやすくなります。クローラーが何度もサイトを巡回することで評価が上がりやすくなるので、内部リンクをたくさん貼ってアクセス性を高めるようにしましょう。

そのために、パンくずリストやサイドメニュー、グローバルメニューやフッターメニューなどを設置することをおススメします。

 

最近の外部リンク対策の傾向

先述したように、自作自演リンクはペナルティの対象となります。最近は、検索エンジンの精度が格段にアップしているので、不自然なリンクは高い確率で見破られてしまいます。なので、自分で外部からリンクを貼るのは、極力控えた方が良いですね。

今、主流となっているSEO対策としては、有益なコンテンツを作成してソーシャルメディアで拡散させる方法です。他人にシェアしたくなるような面白いコンテンツや役に立つコンテンツを作って、TwitterやFacebookで広げていくわけですね。

ソーシャルメディアは nofollow が付いているので、外部リンクにはなりません。しかし、コンテンツが多くの人目に触れることで、まとめサイトや個人ブログなどで紹介される可能性が高くなります。

そうすると、自然なリンクが増えていくわけですね。これだと、自作自演のリンクではありませんから、ペナルティを受けることもありません。

このように、SEO対策は正攻法のやり方にシフトしているので、ブラックな手法は無くなっていくと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ