wwwあり・なしのURLを正規化する方法

内部リンク構造を最適化する上で大切なのが、URLの正規化についてです。ここを疎かにしていると、外部からリンクを貼られたとしても、十分にリンクの力を得ることが出来ない可能性があります。

検索エンジンは、以下のURLを別のページだと認識しています。

https://sabasaba-club.com/
http://www.sabasaba-club.com/
https://sabasaba-club.com/index.html
http://www.sabasaba-club.com/index.html

全てサイトのトップページなんですが、全く違うものだと検索エンジンは判断します。だから、違うURLでリンクを貼られてしまうと、リンクパワーが分散してしまうわけです。これだと、非常にもったいないことですから、ちゃんと対策を行うようにしましょう。

 

301リダイレクトでURLを統一する

リンクパワーの分散を防ぐためには、URLの正規化を行う必要があります。301リダイレクトという手法を使えば、上記の4つのURLを1つにまとめることが出来ます。トップページの「index.html」は、省略するのが一般的ですね。

そして、「wwwあり」か「wwwなし」かで迷う人が多いと思います。これは、SEOの観点から見ると、どちらでも同じのようです。評価に差が付くことは無いでしょうから、自分の好きな方を選択するようにしてください。

301リダイレクトを行うには、「.htaccess」というファイルを作成します。テキストエディタを開いて、「.htaccess」というタイトルで保存してください。そして、以下のコードを記述します。

wwwありで統一する

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

 

wwwなしで統一する

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

そして、作成したファイルをサイトのトップページと同じ場所にアップロードしてください。その時に、ファイル名を「.htaccess.txt」から「.htaccess」に変更します。これで、サイトが自動的に設定したURLに転送されるようになります。

 

301リダイレクトと rel=”canonical” の違い

URLの正規化の方法には、「canonical」という属性を使用することもできます。しかし、301リダイレクトと canonical は、用途が少し異なるので使用するときには注意してください。

 
まず、301リダイレクトは、サイトの転送を行うものです。先述したように、「wwwあり」「wwwなし」を統一する時やドメインを変更するときなどに使用します。転送元のページにアクセスすると、自動的に転送先のページへ切り替わります。ですから、転送元のページを見ることは出来ません。

 
一方、canonical は、重複ページの解消の際に使用します。たとえば、ネットショップなどのサイトで、色違いの商品を紹介するときなどですね。これだと、ほぼ同じ内容のページが複数できてしまうので、重複コンテンツとしてペナルティを受ける可能性があります。

こういった時には、canonical を使用して、複数のページを1つのページに統合することができます。301リダイレクトとの違いは、ページが転送されないということです。canonical を設定したページは、それぞれ人間がアクセスして閲覧することができます。しかし、検索エンジンから1つのページとして判断されます。

 
以上が、301リダイレクトと canonical との違いですね。「wwwあり」「wwwなし」を統一する場合は、301リダイレクトを使用しますから覚えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ