なぜ、外部リンク(発リンク)が重要なのか?

SEO対策の考え方では、バックリンクが最重要だとされています。色々なサイトからリンクを貼ってもらうことで、自分のサイトの評価を上げようという考え方ですね。これは確かに正解で、バックリンクを集めるほど、検索ランキングが上昇しやすくなります。

しかし、逆に自分のサイトから外部にリンクを出すことでも、評価を高めることができます。これは、発リンクとも呼ばれますが、有益なサイトへリンクを出せば評価はアップします。

以前までは、リンクを出すとページランクが流れるので、できるだけ発リンクは少なくするという考えが一般的でした。でも、有益なサイトは他の有益なサイトへリンクを出すべきだという考えに変わったので、最近だと積極的に外部リンクを出した方が良いと言われています。

 

外部リンクを出すことのメリット

バックリンクが増える

他のサイトへリンクを貼るということは、そのサイトへの支持を意味します。サイトの内容が信頼できるから、リンクを出したということですね。なので、そのサイトの所有者からすると、嬉しく感じるはずです。

自分でサイト運営をすると分かりますが、他のサイトからリンクを貼られると嬉しく感じます。自分の承認欲求が満たされるからですね。なので、リンクを貼ることで、自分のサイトも見てもらえる可能性が高いです。そして、コンテンツの内容に共感してもらえれば、相手サイトからもリンクを貼ってくれる場合があります。

サイト運営者はウェブマスターツールに登録しているのが一般的なので、どのサイトからリンクが貼られているかをチェックしています。だから、自分のサイトへも訪問してくれるでしょう。また、Wordpressであれば、トラックバック機能がありますから、相手サイトへリンクを貼った通知ができます。

このように、自分からリンクを貼ることで、相手からもリンクがもらえる可能性があるわけです。つまり、外部リンクを増やしていけば、それだけバックリンクも増える傾向にあります。他のサイト運営者との交流が出来るかもしれないので、外部リンクを貼る価値はあるでしょう。

 

ユーザビリティの向上

サイト上で何かを説明するときに、自サイトの情報だけだと不十分な場合があります。そういった時には、専門性が高いサイトへのリンクを貼っておきましょう。そうすれば、訪問者はリンクをクリックして、さらに詳しく情報を知ることができます。

ユーザーからすると、良いサイトを紹介してもらえたらメリットが高いですよね。他のサイトへリンクを貼るとユーザーが逃げていくと思う人もいますが、実際にはそんなことはありません。有益なサイトを紹介していれば、そのサイトにも価値を感じてくれます。

実際、NAVERまとめなどは、かなり人気のサービスとなっていますよね。他サイトの情報をまとめただけでも、価値のある情報なら支持されるわけです。

自サイトのコンテンツだけですべてを説明するのは難しいので、積極的に他のサイトも紹介するようにしましょう。その方が楽ですし、ユーザーにとってのメリットも高いです。そして、それが自分のサイトの評価にも繋がります。

 

ハブサイトになる

検索エンジンが評価するサイトには、「オーソリティサイト」と「ハブサイト」とがあります。オーソリティサイトとは、そのジャンルにおける権威的なサイトで、有名な人気サイトなどがあたりますね。

一方、ハブサイトとは、有益なサイトへのリンクを集めているサイトです。言い換えると、オーソリティサイトを紹介しているサイトと言っても良いでしょう。賢威のあるサイトへリンクを出すことで、そのサイト自身も高く評価されることがあります。

⇒外部リンクを貼ってハブサイトを目指す

オーソリティサイトになるためには、情報の網羅性や信頼性、人気など多くの要素が必要です。何年も掛かってようやくたどり着けるような境地なので、普通の一般サイトだとなかなか敷居が高いと思います。

でも、ハブサイトであれば、比較的簡単に目指すことができます。先述したNAVERまとめも、優秀なハブサイトだといえますね。だから、積極的に他のサイトを紹介することで、ハブサイトとして評価を上げることができます。

 

以上、外部リンクを貼ることのメリットを紹介しました。サイト運営において重要な知識だと思いますから、普段から意識するようにしてください。色々なサイトを見て、良いコンテンツがあれば積極的にリンクを貼りましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ