Webサイトのリダイレクト方法まとめ。301、302、meta refresh

ドメインを変更する時やサーバーエラーで一時的にファイルを移動するときなどは、訪問者を別のURLに転送しなくてはいけません。これは、リダイレクトと呼ばれる手法で、サーバー側で設定するものやサイト側で設定するものなどがあります。

長年運営していたドメインだと、かなりのバックリンクが付いているはずです。それを新ドメインに変えてしまったら、バックリンクがゼロに戻るので勿体ないですよね。そういった時にも、リダイレクトを使うのが良いでしょう。

旧ドメインから新ドメインにリダイレクトすると、今までのリンクも一緒に転送してくれます。なので、ドメインのパワーを損なうことなく新ドメインに移行することができるわけですね。

サイト運営者なら必ず知っておくべき知識なので、覚えておくようにしましょう。

 

.htaccess を使ったリダイレクト手法

リダイレクトの方法で最も一般的なのが、.htaccess を使用する方法ですね。.htaccess というファイルを作成して、サーバーにアップロードすることでリダイレクトができます。難しいと思うかもしれませんが、かなりシンプルなので誰でも出来ると思います。

テキストエディタを起動して、以下で解説する記述を行いましょう。そして、「.htaccess」という名前で保存します。さらに、そのファイルをサーバー上へアップロードして、ファイル名を「.htaccess.txt」から「.htaccess」に変更して完了となります。

wwwあり・なしの設定の際にも使用するので、覚えておきましょう。

⇒URLを正規化する方法

 

301リダイレクト

これは、ドメインの引っ越しの際に行うリダイレクト方法です。301リダイレクトを設定すると、ドメインの永久的な転送を意味します。なので、旧ドメインの情報が引き継がれるようになり、ページランクや被リンクなども新ドメインに継承されます。

 

新ドメインへの移転
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteRule (.*) http://www.○○.com/$1 [R=301,L]

○○.com に、新ドメインを記述しましょう。

これは、「Mod-Rewrite」という機能に対応しているサーバーで有効な記述方法です。基本的には、ほとんどのサーバーで使用できるはずです。

もし、「Mod-Rewrite」に未対応のサーバーであれば、以下の記述を行います。

Redirect 301 / http://www.○○.com/

 

特定のディレクトリを移転する

ドメイン全体ではなくて、特定のディレクトリだけを移転する事も可能です。その場合には、以下の記述を行いましょう。

Redirect 301 /abc/ http://www.○○.com/

「/abc/」の部分が、移転元のディレクトリとなります。個別ページの場合は、「/abc/123.html」と記述することもできます。

 

302リダイレクト

301リダイレクトは永久的な転送でしたが、302リダイレクトは一時的な転送を意味します。たとえば、メンテナンスでサーバーが停止するときなどに、一時的に別のURLへ転送したりすることが可能です。

Redirect 302 / http://www.○○.com/

記述方法は、301リダイレクトと同じですね。もちろん、特定のディレクトリのみを転送することもできますから、必要に応じて記述方法を変えるようにしてください。

 

meta refresh を利用したリダイレクト

無料のレンタルサーバーなどを利用している場合は、サーバーに.htaccess をアップロードできない場合があります。それだと、301や302リダイレクトはできません。なので、別の方法を利用してリダイレクトをする必要がありますね。

<meta http-equiv=”refresh” content=”0; URL=http://www.○○.com/”>

上のコードを、トップページの<head>部分に記述してください。「content=”0」は転送する秒数を示しますが、0秒で転送することで301リダイレクトと同じ効果となります。

ただ、meta refresh を使ったリダイレクトは、スパムサイトなどで頻繁に利用される手法です。なので、あまりに多用すると、ペナルティを受ける可能性があります。だから、あまり推奨されない方法だということを理解してください。

 
なので、おススメの方法としては、rel=”canonical”を使った方法です。

<link rel=”canonical” href=”http://www.○○.com/” />

上のコードを、トップページの<head>部分に記述してください。こうすれば、URLを正規化することができるので、検索エンジンにドメインの移転を示すことができます。

そして、トップページの目立つ所に、「ドメインを移転しました」と大きく記述して、新ドメインにリンクしましょう。転送されないのがデメリットですが、ペナルティを受けることなくドメイン移転をする方法となります。

 

以上、Webページのリダイレクト方法をまとめました。最もベストなのは、.htaccess を使用した方法となります。ドメインを移転する場合は、速やかに設定を行いましょう。すべてのドメイン情報が移行するまでに時間が掛かるので、旧ドメインの情報は1か月程度残しておくようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ