301リダイレクトを行う際の注意点について

301リダイレクトとは、サイトの移転作業などをする際に、閲覧者を新URLに転送させる際に使うテクニックです。これを使用すると、サイトのページランクやバックリンク情報なども、新ドメインに移転させることが出来ます。

また、同じドメイン内でも、ディレクトリを変更してURLが変わる場合に、301リダイレクトを使用することがあります。通常の閲覧者からすると関係の無い話ですが、検索エンジンにドメインの変更を知らせるために重要となります。

サイト運営者なら、必ず覚えておくべき知識です。

 

301リダイレクトの用途

色々な場面でリダイレクトを行いますが、主要な使い方は以下の3点ですね。

  • ドメインの移転
  • ディレクトリやファイル名の変更
  • パーマリンクの変更

まずは、ドメインの移転が最も多く使用する状況でしょう。会社名やサービス名が変更になった時に、サイトのドメインも変えなくてはならないことがあります。新ドメインでサイトを作り直しても良いですが、それだと運営歴やバックリンク情報などがリセットされてしまいます。

こんな時に、301リダイレクトを行えば、今までの情報をそのまま新ドメインへ移転させることが可能です。もしも、サーバーの環境などで301リダイレクトが使えないときには、meta refresh でゼロ秒設定をすれば301と同じ効果が得られます。

 
また、ドメインを変えなくても、個別のディレクトリやファイル名を変える場合があるかもしれません。そんな時にも、301リダイレクトで個別設定をすれば、情報を移転することができます。サイト設計の段階でディレクトリ名などは決めておくべきですが、やむを得ず変更が必要な場合にリダイレクトを使用します。

設定方法は、こちらを参考にしてください。

⇒301リダイレクトのやり方

 
他には、Wordpressのパーマリンクを変更した時にも、301リダイレクトが使用されます。この場合は、自動設定でリダイレクトされるので、自分で設定する必要はありません。ただ、パーマリンクも、一度決めたら変えない方が良いと言われていますから、可能な限り変更はしないようにしましょう。

 

ページランクの引継ぎについて

301リダイレクトは、旧ドメインのページランクを新ドメインに移転するものです。しかし、実際には、100%すべて移転されるわけでは無いようです。具体的な数値は分かりませんが、7~8割くらいに止まると言われています。

なので、あまりに過度な期待はしないようにしましょう。基本的には、ドメインは変更しない方が良いですし、301リダイレクトはどうしてもやむを得ない時に行うものです。

 
また、Googleからペナルティを受けたサイトに、301リダイレクトを掛けると復活すると言われたことがあります。301リダイレクトは、サイトのプラス情報を移転するためのもので、ペナルティなどのマイナス情報は移転しません。

だから、SEO界隈では話題となったことがありました。でも、一時的に復活したとしても、ペナルティの要因を解消できないのであれば、またペナルティを受ける可能性が高いです。なので、長い目で見れば、根本的な解決にはならないわけですね。

健全にコンテンツを作り続けるのが最良のSEO対策ですから、裏ワザは無いと思ってください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ