サイトの更新頻度を高めることの重要性

検索エンジンにおけるサイト評価の指標に、更新頻度も含まれていると言われています。サイトの更新頻度が高いということは、それだけ新鮮な情報が含まれているということです。だから、高く評価されやすいということですね。

ただ、更新頻度が高いという理由だけで、検索で上位に表示されることはありません。最も重要なことは、コンテンツの質だということを忘れないでください。更新頻度を高めるためだけに、薄い内容の記事を大量に作っても意味が無いと思います。

最も大きなメリットは、インデックスが促進されるということですね。よく更新されているサイトには、クローラーも頻繁に訪れます。なので、記事を更新してから数分でインデックスされることもあります。

インデックスのスピードが早いということは、それだけ人目に触れる確率もアップするということです。SEOにおいても重要なので、更新頻度は高くした方が良いでしょう。

 

更新とは何か?

ブログを更新するというのは、一般的に新しい記事を追加することを指します。ネット上は鮮度の高い情報が重要視されますので、新しい記事を頻繁に追加しているサイトは高く評価される傾向にあります。

ただ、それだけでなく、古い記事を修正することも重要だと覚えておいてください。時間が経つにつれて情報は古くなってしまいますから、過去の情報は通用しなくなっている可能性があります。そういったコンテンツを放置していると、誤解を生むかもしれません。

なので、古くなった情報を上書きして、最新のものに書き換えるということも重要です。

  • 新しいコンテンツの追加
  • 古いコンテンツの修正

以上の2つを意識して、サイトを更新していきましょう。

 

更新頻度を高めることのメリット

活発なサイトだと伝えることができる

更新がストップしているサイトには、クローラーもあまりやってこなくなります。新しい記事が無いのであれば、クロールする必要が無いからですね。だから、更新頻度が少ないサイトほど、クロールの回数も減る傾向にあります。

検索エンジンとしては、サイト数が多いと負担も増えるので、重要なサイト以外はクロール頻度を減らそうとします。だから、なるべく多く更新をして、検索エンジンに活発なサイトだと印象づける必要があるわけです。

 
といっても、サイトが完成してしまったら、更新することが無くなる場合もありますよね。ただ、世の中は移り変わりますから、情報はすぐに古くなります。なので、そういった情報を削除して、新しい情報に書き換える必要性などもあります。

サイトの更新というのは、新しい記事を書くだけではありません。既存の記事を書き換えることも、サイトの更新に含まれます。なので、その時代にマッチしたサイトとなるように、新規記事の追加と既存記事の修正を行うことが大切です。

 

インデックスを促進する

先述したように、更新頻度が高いとクローラーが頻繁にやってきます。鮮度の高い情報を提供し続けていると、優先的にクロールしてくれるわけですね。だから、毎日更新しているニュースサイトなどは、インデックスのスピードが異常に早いです。

記事の公開から数分以内にインデックスされるので、即効でアクセスを集めることができます。特に、時事ネタを扱っているサイトだと、インデックスのスピードは重要です。

 
また、GoogleではQDFというアルゴリズムを採用しており、鮮度の高い情報を上位に表示しやすくなっています。世間的に注目を集めているネタなどが、優先的に検索であがりやすくなるわけです。

なので、2011年の東日本大震災の時には、被災地の情報や原発情報などを記載したサイトが上位に表示されていました。さらに、2014年の御嶽山の噴火の際にも、火山情報や遭難者の情報などの記事が上位に上がっていたこともあります。

速報性の高い記事ほどインデックスが重要なので、常に更新頻度が高い状態を維持しておきましょう。

 

リピーターに訪問してもらう

人気ブログとして認知させるためには、多くのリピーターを獲得する必要があります。ブログのファンになってもらって、何度もアクセスしてもらうわけですね。そのために、RSSの登録ボタンを設置したり、公式のTwitterアカウントやFacebookページへの登録を促しましょう。登録者が多いほど、安定したアクセスを呼べるようになります。

しかし、更新数が少ないと、リピーターも離れて行ってしまいます。人は鮮度の高い情報を求めていますから、更新していないブログにアクセスすることは無いわけです。なので、定期的に新しいコンテンツを追加して、アクセスを集めるようにしてください。

ブログのアクセスアップをし続けるサイクルを作る」では、リピーターを獲得するための条件を紹介しています。

 

口コミを発生させる

定期的にリピーターを集めることができると、そこから口コミが発生することがあります。TwitterやFacebookなどで拡散されたり、他のブログにリンクを貼ってもらえたりといったことですね。特に、鮮度の高い情報などであれば、拡散される可能性が高いですね。

ソーシャルネットワークを活用することで、口コミが発生する仕組みを作ることができます。口コミが起きればバックリンクも増えやすくなるので、検索エンジンからの評価も高くなるはずです。長期的にアクセスアップが可能となりますから、覚えておきましょう。

そのためにも、新しいコンテンツの追加は欠かすことが出来ません。ソーシャルの世界では、古い記事は好まれない傾向にあります。なので、定期的にブログを更新するようにしてください。

 

ロングテールのアクセスを拾える

サイトを頻繁に更新すると、ページ数が必然的に増えていきます。なので、色々なキーワードで検索されるようになるわけです。ライバルの少ないロングテールのアクセスが集まりますから、かなりアクセス数の多いサイトとなります。

ロングテールでアクセスを集めるには、テキスト量の多いページが大量に必要です。だから、そこそこの質にこだわった記事を量産しなくてはいけません。更新頻度を高めるためだけに、薄い記事を量産しても無意味なので注意してください。

 
また、口コミでコンテンツが拡散されたとしても、集まるアクセスは一過性にすぎません。数日もすれば元のアクセス数に戻りますから、安定してアクセスを集めるには検索エンジンからの流入が不可欠となります。

定期的に更新を続けていけば、いつしか大規模なサイトに成長していきます。そうすれば、かなり安定してアクセスを集められるようになるでしょう。

 

検索ランキングの上昇

更新頻度だけでは、検索で上位表示することはできません。しかし、ページ数が増えていくと、内部リンクの数も充実していきます。なので、SEOに適したサイト構造になり、検索結果で上位表示しやすくなります。

これだけでビッグキーワードを攻略するのは不可能ですが、ミドルキーワード以下なら1ページ目に表示されることはあります。なので、しっかりとサイトの更新を続けて、サイトボリュームを増やす努力をしましょう。

 

信頼性が高まる

常に更新されているサイトは、ユーザーからも信頼されやすいです。たとえば、検索して目的の情報を見つけたとしても、1年前に更新が止まっているサイトだと信頼しきれないですよね。メンテナンスしていない印象を与えてしまうので、情報の信頼性も落ちてしまうわけです。

でも、頻繁に更新しているサイトだと、それだけで信頼できそうな気がします。情報の信ぴょう性は分かりませんが、ちゃんとしていそうな雰囲気がしますよね。これが、すごく大切です。だから、トップページのお知らせ欄やブログの新着記事が古くなっていたら、すぐに更新するようにしましょう。

 
また、過去に作成した記事なども、古くなっていれば書き換える必要があります。時代が変わると通用しないコンテンツもあるはずなので、時流に合わせて上書きをしていってください。

そうやって更新しているサイトには、定期的にリピーターが付くようになります。RSSに登録して更新のたびにチェックしてくれる人も出てくるので、特にビジネスサイトを運営しているなら更新頻度には気を遣ってください。

 

文章のスキルがアップする

インターネットでビジネスをするためには、文章の作成スキルが必要不可欠です。コンテンツの企画や構成、文章表現などを学ぶ必要があります。そういった本なども売られていますが、やはり実践を積むことが上達の最短ルートとなります。

なので、毎日ブログを更新して文章を書き続けていれば、自然とライティングのスキルがアップしているはずです。文章力が高くなると色々なところで活用できますから、マーケティング能力も向上するでしょう。

ブログを書く習慣を付けて、文章力を高める工夫が大切です。

 

以上、サイトの更新頻度の重要性を紹介しました。毎日更新するのは難しいですが、2週間に1回程度は最低でも更新してください。そして、ただ更新するだけでなく、コンテンツの質も重視するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ