ドメインの運営期間とSEOとの関係について

Googleの検索結果のアルゴリズムの一つに、運営期間の長さがあると言われています。つまり、長く運営されているドメインほど、評価が高くなりやすいということですね。逆に、新規取得して間もないドメインは、検索にヒットしにくくなる現象もあります。これを、エイジングフィルターといいます。

下は、私が運営しているサイトの1つです。

1

新規開設後から順調にアクセスが伸びていますが、ある期間だけアクセスが激減していますよね。これが、エイジングフィルターだと思われます。このように、ある日を境にアクセスがほぼゼロになる現象があるわけです。

これは、すべてのサイトで起きる現象ではなく、何らかの条件を満たした時に起きるようです。でも、自作自演のバックリンクなど、ブラックなことをしていなければ、元の水準までアクセスは戻ります。

私のサイトも、今では順調にアクセスを伸ばしています。開設から1年未満のサイトで起きやすい現象なので、急にアクセスが激減しても焦らないようにしましょう。健全にサイトを運営していれば、すぐに元に戻るはずです。

 

中古ドメインの優位性について

運営歴が長いドメインが評価されやすいという理由から、中古ドメインが人気を集めた時代がありました。過去に誰かが所有していたドメインには、色々なリンクが付いている場合があるので、ページランクの高いドメインが多いです。

だから、取得後すぐに上位に表示されることもあり、アフィリエイターを中心として中古ドメインを使う人が多かったですね。専門業者によって、かなり高値でドメインが取引されていました。

 
でも、いまでは、中古ドメインが優遇されることは少なくなっています。所有者が変わると、過去のドメイン情報がリセットされるという噂もあります。また、過去にペナルティを受けているドメインだと不利になるので、メインサイトに中古ドメインを使用するのはリスクが高いといえるでしょう。

なので、最近ではサテライトサイトに、中古ドメインを使用する人が多いです。サテライトサイトなら、ペナルティを受けても影響は少ないですし、低リスクでサイトを運営することができます。だから、アフィリエイターなどは、中古ドメインのサテライトを多数所有していることが多いです。

 
でも、自作自演リンクに対する監視は、どんどん厳しくなっています。ペンギンアップデートなどで壊滅的な被害を受けたサイトも多いので、サテライトサイトの運営もおススメしないですね。

やはり、有益なコンテンツを作って、自然にリンクを獲得する戦略を組んだ方が、長期的に安定したサイト運営が出来るはずです。ですから、出来るかぎり自作自演のリンクはやらない方向で考えるようにしましょう。

 

新規に取得したドメインが中古ドメインだった場合

新規に取得したドメインが、たまたま過去に取得されていた場合もあります。そして、それがペナルティを受けていたら、全く検索でヒットしないこともあります。所有者が変わるとペナルティも消滅すると言われていますが、実際にペナルティが解除されていないケースもあるようです。

なので、INTERNET ARCHIVEなどで、過去に所有者がいないかどうかを確認してください。そして、過去に所有者がいた場合は、自動生成コンテンツや違法サイトなど、悪質性が無いかを見るようにしましょう。

ペナルティを受けていそうであれば、Googleに再審査リクエストを行ってください。今のサイトがまっとうであれば、ペナルティは解除されるはずです。

 

これから新規サイトを作るなら

新しくドメインを取得してサイトを作成するなら、仮コンテンツを作ってアップロードしておくことをおススメします。先述したように、運営歴の長いドメインほど高く評価されやすくなります。

なので、ドメインを取得してから何もせずに放置しているのは、非常にもったいないことです。だから、ドメインを取ったらすぐにコンテンツをアップロードしてください。早くインデックスされるほど、サイトとしては有利となります。

アフィリエイターの中には、仮コンテンツを入れて半年ほど寝かせてから、サイト作成を開始する人もいます。ある程度の運営歴を稼いでから、コンテンツを入れていくわけですね。複数のサイトを作るのであれば、ドメインを寝かせるという手法もありだといえるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ