サイトテーマとSEOとの関係について

テーマがハッキリとしているサイトは、検索ランキングでも上位に表示されやすい傾向にあります。なぜなら、Googleは専門性の高いサイトを評価するからです。

たとえば、自動車情報を専門に扱うサイトと個人の日記ブログとで、トヨタのプリウスに関する記事を書いた場合、自動車情報のサイトの方が評価は高くなりやすいです。日記ブログだと色々な内容の記事が入っているので、「プリウスを買いました」という記事を書いたとしてもテーマの統一性が無いためですね。

だから、サイトを作成する場合には、最初にテーマを決めておくのが良いでしょう。1つのテーマに絞ってコンテンツを書けば、関連記事として他のページにリンクを貼りやすいです。だから、内部リンクも充実しますし、検索エンジンもテーマを判別しやすくなります。

 

小規模サイトを作成する

ミドルキーワードで上位表示を目指す場合、ページ数が100ページ以下の小規模サイトの方が有利となることがあります。なぜなら、ページ数が少ないサイトは、サイトテーマが明確になりやすいからですね。

ページ数が多くなると、どうしてもテーマがブレてしまう可能性があります。なので、少数ページで専門性の高いコンテンツを入れておけば、検索エンジンから専門サイトとして評価されやすくなる可能性が高いです。

たとえば、旅行のサイトを作るのであれば、「日本旅行」「中国旅行」「韓国旅行」「台湾旅行」という構成のページを作ることで、サイト全体として旅行の専門サイトとして位置づけられますよね。

 
そして、サテライトサイトのテーマも絞りやすくなるので、関連性の高いバックリンク群を構築することができます。小規模サイトの場合だと、大量のバックリンクがあると不自然となります。

だから、数よりも質にこだわって、関連性の高いリンクを集めることが重要です。テーマが絞れたサイトほど、リンクの関連性も重視しやすいですから質にこだわっていきましょう。

 

大規模サイトを作成する

ページ数が300ページを超えるような大規模のサイトを作成するなら、ロングテールのアクセスを拾っていく手法となります。あらかじめテーマを決める必要がありますが、記事数が増えてくると専門性が少し落ちるかもしれません。

ただ、テキスト量の多いコンテンツを大量に作成していけば、細かいキーワードでのアクセスが増えていくはずです。なので、結果的には膨大なアクセスを集められるようになるでしょう。でも、特定のキーワードでの上位表示は難しいかもしれません。

記事が増えるごとに専門性が落ちる傾向にあるので、カテゴリ分けなどを徹底して行いましょう。カテゴリごとにテーマがハッキリとしていれば、検索エンジンも高く評価してくれるはずです。

ロングテールでアクセスを集めるなら、最低でも300ページくらいは必要になりますね。それなりのサイトボリュームが必要となるので、長期的にサイト作成を行っていきましょう。

 

以上、サイトテーマの重要性について解説をしました。サイトの規模によってテーマの重要性も変わりますから、長い目で見てサイトの将来性を考えるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ