ブログ記事の質を高めるための4つのコツ

ビジネスにブログを活用する場合、記事の質が重要となってきます。ブログのファンを増やして何度もアクセスしてもらうためには、質の高い記事を提供し続けなければいけません。だから、常にクオリティを高めるための工夫を行ってください。

そうすれば、ソーシャルメディアで拡散されるかもしれませんし、色々なブログで紹介される可能性も高まるでしょう。最初は上手くコンテンツを作れないと思いますが、毎日記事を書くようにすれば自然とスキルが上がっていくはずです。

 

記事の質を高めるための4つのポイント

質の高い記事を書くには、日頃から意識をするべきことがあります。以下に紹介するので、覚えておくようにしましょう。

  • 色々なブログを見る
  • 日頃からネタを溜めておく
  • タイトルを工夫する
  • 読みやすい構成を考える

自分が良いと思うブログがあれば、徹底的に記事を読んでみてください。そして、マネできることがあれば、自分のブログにも取り入れてみましょう。成功しているブログから学ぶことで、改善できることは多くあります。

また、メモ帳を持ち歩いて、面白いことがあれば書き残しましょう。ネタを集める習慣を付けておくことで、毎日ブログを書くのが苦にならなくなります。豊富な引き出しを持っておくことで、自然と質の高い記事が書けるようになるはずです。

この辺のスキルは、ビジネスブログの書き方でも紹介しているので、参考にしてください。

 

タイトルを工夫する

他にも、タイトルを工夫するのは重要ですね。興味を引くタイトルを付けることで、ソーシャルメディアなどで拡散される可能性が高くなります。また、検索結果でもクリック率が高まりますから、SEOの効果も期待できるわけです。

コツとしては、数字を入れることですね。「痩せるための3つのポイント」「健康を維持するための5原則とは?」といった感じです。具体的な数字で表されると、人は興味を持つ傾向があります。

また、検索エンジン対策には、SEOを意識したタイトルの付け方を知っておくのも重要です。

 

読みやすい構成を考える

面白いネタが見つかったとしても、記事の構成が悪ければ読みづらくなってしまいます。なので、読みやすい構成を知っておきましょう。SDS法とPREP法は、プレゼンなどでは定番の手法です。これに従って記事を書くことで、誰にでも読みやすい構成にすることが出来ます。

 
SDS法とは、「Summary、Details、Summary」の略です。最初に要約(Summary)を伝え、次に詳細な説明(Details)をした後、最後にまとめ(Summary)を述べるという構成ですね。

最初に全体像を伝えることになるので、内容をイメージしたうえで読み進めることが出来るわけです。構成もシンプルですから、理解度が飛躍的に高まるでしょう。

 
一方、PREP法とは、「Point、Reason、Example、Point」の略です。結論(Point)⇒ 理由(Reason)⇒ 具体例(Example)⇒ まとめ(Point)という順番で書いていきます。SDS法よりも詳しく説明できますから、理解度を高めたいときに使用する手法ですね。

状況によって、どちらかを使い分けるようにしてください。

 

記事を書く手順について

人によって、記事の書き方は色々あると思います。ただ、何から始めて良いか分からない人は、以下の手順で書き進めるようにしましょう。

  1. ネタを決める
  2. 内容を箇条書きにする
  3. ブロックに分けて並び替える
  4. 見出しを考える
  5. 記事を書く
  6. 全体の加筆・修正
  7. アップロード

これが、最も基本的な書き方だと思います。1~4が最も大切なパートですね。ここで、記事のクオリティが決まるといっても良いでしょう。

ネタを決めたら、書く内容を思いつく限り箇条書きにします。順序は気にしなくて良いので、思いつく限り書き出してみましょう。とにかく、頭に浮かんだ内容をすべて書き出すのがポイントです。

次に、それらをブロックごとに並べ替えて、全体の構成を決めます。上から読んで意味の通る順番に並べ変えましょう。足りない内容があれば、この時に加えるようにします。そして、そのブロックを端的に示す見出しを付けていきます。

これで、全体的な骨組みが出来上がりました。あとは、細かく記事を書いていくだけです。構成がしっかりと決まれば、誰が書いても読みやすい記事になると思います。書き終わったら再度全体を読み返してみて、意味の通る内容かどうかをチェックしましょう。

 

慣れないうちは時間が掛かるかもしれませんが、毎日書いていれば短時間で掛けるようになるはずです。文章のスキルも上がっていくので、少しずつ記事の質も高まっていくでしょう。継続することが大切ですから、出来るかぎり毎日書くようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ