SEO対策を意識したサイト作成の心構え

検索エンジンから多くのアクセスを集めるためには、検索する人の気持ちに立ってサイトを作成する必要があります。ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作成していれば、放っておいても人は集まってくるはずです。

SEO対策というとバックリンクの質などを考える人が多いですが、それは表面上のテクニックにすぎません。最も重要なのは、常に検索者の気持ちを考えながらコンテンツを作成することです。自分本位のサイトではダメなので、それは意識をしてください。

 

検索エンジンが優遇するサイトとは?

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略です。日本語にすると、「検索エンジン最適化」となります。検索結果で上位に表示することをSEOという人が多いですが、本質的には間違った解釈だと思います。

本当のSEOとは、「ユーザーが求めるコンテンツを検索エンジンを通してユーザーに届けること」です。こういった心構えでサイトを作成することで、検索エンジンから好まれるサイトになります。

 
Googleも日々アルゴリズムを進化させていますが、それは「ユーザーに適切な検索結果を表示する」という目的のために行っています。言い換えると、有益なコンテンツだけをユーザーに届けるために、進化を続けているわけですね。

だから、SEOでアクセスを集めようと思ったら、有益なコンテンツを作ることに全力を注ぐ必要があります。内部リンクとかバックリンクといったものは、本質的には関係がありません。他のライバルサイトと比較してみて、正確さや具体性、新鮮さなどが勝っている必要があります。

こういったサイトを検索エンジンは求めているので、コンテンツの質を最優先に考えるようにしましょう。

 

SEOで集客することのメリット

一般的な集客方法というのは、新聞や雑誌、テレビなどの広告がメインですよね。そういった広告はプッシュ型と言われ、こちらからターゲットにリーチをかける手法となります。一方、SEO対策はプル型と呼ばれていて、従来の広告とは真逆の集客方法です。

SEO対策のメリットは、以下のようになります。

  • ユーザーが自発的に集まってくる
  • リーチ数によってコストが変わらない
  • 半永久的に集客できる

最大のメリットとしては、ユーザーが自発的に集まることです。何かのニーズがあって検索をしてサイトに訪問してくれますから、購買意欲の高い見込み客が自分から集まってくれるわけです。なので、売り上げに繋がりやすいといえます。

また、どれだけアクセスが集まっても、コストがほとんど変わりません。一般的な広告だと、リーチ数が多くなるとコストも上がりますよね。でも、SEOでアクセスを集めるのであれば、どれだけアクセスが増えてもコストは掛からないわけです。

もちろん、数十万のアクセスが集まるとサーバーを強化する必要がありますが、それでも遥かに安いコストで集客することができます。

さらに、コンテンツを一度作成すれば、半永久的に集客し続けることが出来るメリットもあります。運営年数が増えるほどサイトの評価も上がりますし、継続する限りアクセスは右肩上がりに増えていくはずです。

こういった形で、SEO対策は従来の広告手法よりもメリット多いといえますね。

 

SEO対策で勝つための考え方

先述したように、検索エンジンの目的は「ユーザーに適切な検索結果を表示する」ということです。だから、有益なコンテンツを作れるかどうかが、最重要の課題となっています。ユーザーから支持されるコンテンツを作り続ければ、自然と検索結果でも上位に表示されるでしょう。

ありがちな間違いは、自分の言いたいことをコンテンツにしてしまうことです。たとえば、自社商品のアピールばかりになったり、不都合なことは書かないといったことですね。売り込みばかりのサイトでは、ユーザーからの支持は得られません。

また、都合の良い事しか書いていなければ、逆に不信感を持たれてしまいます。なので、公平中立的な立場で、ユーザーの問題を解決できるコンテンツを作成しましょう。

人は、解決したい問題があるから検索をするわけです。つまり、問題を解決できる情報を探しているわけですね。だから、そういったニーズを感じ取って、求められているコンテンツを作る努力をしてください。

常にユーザー目線でサイト作成をすることで、検索エンジンからも好まれるサイトになるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ