ユーザーの興味・関心を考えればSEOは簡単

SEO対策とは、検索する人の興味や関心に対して、答えを提示するためのものです。検索をするに至った背景を考えて、その文脈に沿って解決策を提示できればユーザーが満足する有益なコンテンツを作れるはずです。

有益なコンテンツを作り出すための秘訣」でも紹介したように、ユーザーは何かしらの悩みがあって検索しているわけなので、解決策を探しているといえます。だから、その悩みを理解して、適切な回答ができるように工夫をしないといけません。

内部構造やバックリンクの改善がSEO対策だと思っている人も多いですが、最も重要なのはコンテンツですから覚えておきましょう。

 

検索する背景を考える

コンテンツを作成する時に重要なのが、ユーザーが検索する理由を考えることです。達成したい目標があったり、解決するべき問題があったり、どんな理由があるのかを検討してください。そうすれば、おのずとコンテンツの内容は定まってきますよね。

また、検索理由が発生した背景を考えることも大切です。たとえば、引っ越しをする人でも、新婚夫婦の場合と単身赴任の場合では、内容が全く異なりますよね。部屋の間取りから立地条件、家賃相場など、ほとんどが変わってくるはずです。

なので、前後の文脈と検索理由を考えることで、ターゲット層を絞り込む必要があります。そうすれば、ニーズにマッチしたコンテンツが作れますから、ユーザーの満足度も高くなるでしょう。

では、人が検索をする理由を考えてみます。一般的には、以下のような状況が考えられますね。

目標 達成しなければならないこと
問題 自分の生活の障害となっている事柄
疑問 まだ知らない知識があるとき

資格を取得しようと思った時や楽器を習得したいと思ったときに、勉強法や練習法を検索する人がいるはずです。また、家の水道が壊れた時や人間関係に悩んだ時なども、解決法を検索するでしょう。さらに、知らない情報を調べる際にも、検索キーワードを打ち込みます。

上記のような状況になった時、人は解決策を探して検索をするわけです。だから、それに対する解決策を提示できれば、有益なコンテンツとして支持されるでしょう。

検索エンジンも、こういったコンテンツを用意しているサイトを上位に表示するようにできています。なので、ニーズにマッチした答えを提示できるように、日頃から努力をしないといけません。

 

ユーザーの興味・関心を中心としたコンテンツ

ダメなコンテンツの典型としては、自社商品の宣伝ばかりしているケースですね。商品のメリットや優位性などをダラダラと説明しても、誰も興味を示してくれません。先述したように、ユーザーは解決策を探して検索をしているわけです。だから、商品の宣伝をしても、全く意味がありません。

ユーザー目線のコンテンツを考えることで、信頼関係を得ることを考える必要があります。そのために、ユーザーの興味や関心を中心としたコンテンツを作りましょう。たとえば、高血圧の改善法を探している人に対しては、「高血圧を治すには・・・」といった情報が必要なわけです。

決して、「弊社の薬を飲めば、高血圧を改善できます!!」というコンテンツを作ってはいけません。ほとんどの人は、自力での解決を望んでいます。だから、商品やサービスを望んでいる人は少ないですね。

人がお金を出すのは、自力での解決が難しいと思った時です。ですから、それまでは有益なコンテンツを出し続けて、信頼を得られるように努力をしましょう。十分に信頼を勝ち取った後であれば、人はお金を払ってくれます。

それまでは、コンテンツを出し続けることを意識しないといけません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ