「404 Not Found」ページの作り方とは?

ネットサーフィンをしている時に、「Webページが見つかりません」といったエラーページを見たことがあると思います。これは、404エラーと言って、該当ページが無かった時に表示されるエラーです。

20140925-1

使っているブラウザやサーバーによって表示方法が変わりますが、「ページが見つかりません」といった表記がされているはずです。これが起きる原因としては、ページを削除した後だったり、URLが間違ったりしていた場合となります。

だから、サイト運営をしていてURLを変更したのであれば、内部リンクなども変更しないといけません。また、外部リンクは自分で修正できないので、自動的にリダイレクトされるように設定をしておきましょう。

 

専用の404エラーページを作っておく

ページにアクセスしたときに、デフォルトのエラーページだとユーザーが離れて行ってしまいます。でも、自分のサイト用の404ページを作成しておけば、他のページを見てもらえる可能性があります。

ちなみに、当サイトの404エラーページは、以下のようなものです。

404

これだと、ナビゲーションメニューやサイドメニューから、他のページを見てもらえるかもしれませんよね。せっかくのアクセスですから、みすみす逃すのはもったいないです。なので、404ページを作っておくようにしましょう。

 

まずは、「.htacces」を作成して、以下の記述を行います。

ErrorDocument 404 /404.html

そして、「404.html」というファイルを作ってアップロードしましょう。この時に、他のページへのリンクを入れておくのがコツです。そうすることで、色々なページへアクセスを送ることが出来ます。

 

また、404エラーページは、検索エンジンにインデックスさせる必要がありません。なので、headerに以下の記述を行いましょう。

<meta name=”robots” content=”noindex” />

こうすれば、インデックス拒否の設定をすることが出来ます。

以上、404エラーページの作り方を解説しました。Wordpressのテンプレートを使っていれば、最初から用意されていると思います。ただ、HTMLでサイトを作成するのであれば、ちゃんとエラーページを作るようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ