SEOとリンクポピュラリティとの関係について

検索エンジンの評価指標の一つに、「リンクポピュラリティ」というものがあります。これは、被リンクによってサイトの重要度を判断するアルゴリズムのことです。いわば、人気投票のようなものですね。

色々なサイトからリンクを貼られていれば、それだけ人気サイトだと判断できるので検索結果でも優先的に上位に表示しようという試みです。なので、SEO業者などでは、自分で作ったサイト群からリンクを貼るといった対策を長らく行ってきました。

ただし、現在だとリンクポピュラリティに加えて、他の指標も検索結果に大きく影響するようになっています。被リンクだけでは、SEO対策として不十分ですから、覚えておくようにしましょう。

 

人気投票によってサイトの重要性を判断する

リンクポピュラリティでは、質の高いリンクを多く集めているサイトを重要だと判断します。被リンクの質と数を重要視するわけですね。リンクの質と数でポイント化して、トータルの指標としているようです。

Googleのページランクが、代表的な例です。Googleツールバーを利用すれば、サイトのページランクを見ることができます。0~10の数値で表されていて、それでサイトの重要性が分かるようになっています。

ただ、Googleではページランクの更新をストップしており、今後も更新の予定はないようです。なので、サイトの重要度を判断する指標は見られなくなりました。しかし、一般公開はされていませんが、検索エンジンの評価指標としては残っています。

 

リンクポピュラリティは指標の一つに過ぎない

以前までは、被リンクによって検索結果の大部分は決定されていました。しかし、自作自演で被リンクを追加して不正に検索で上位表示するサイトが多かったので、今ではリンクポピュラリティの評価は少なくなっています。

現在も被リンクの重要性は高いですが、検索結果でのクリック率やサイトの滞在時間、サイトテーマの関連性、オーソリティスコアやハブスコアなど、色々な要素から検索順位は決まっているようです。

つまり、リンクポピュラリティ以上に、コンテンツの内容で判断される傾向が強くなったということです。自作自演リンクなどは、かなりの精度で見破られてしまいます。被リンクの力だけで上位表示できる時代は終わったので、コンテンツの質で勝負しなくてはいけません。

有益なコンテンツを作り続けていれば、口コミで拡散されて被リンクも自然と増えていきます。そうすると、検索エンジンからの評価もアップするので、アクセスアップのサイクルを作ることが出来るでしょう。

被リンクだけに頼るのではなく、コンテンツの作成に力を入れるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ