SEO以外の被リンク効果について

SEO対策において重要なことは、バックリンクを集めることです。多くのサイトからリンクを貼られることで、検索結果でも上位に表示されやすくなります。なので、サイト運営者はいかにしてリンクを集めるかということを重視するべきです。

⇒関連性の高いバックリンクを集めることの重要性

ただ、被リンクを集めることは、SEO以外にも多くのメリットがあります。サイトのブランド価値を高めたり、知名度の向上にも役立ちますから、そういったことも意識してリンクを集めるようにすると良いでしょう。

ここでは、SEO以外での被リンク効果を紹介します。

 

安定したアクセスを呼び込むことができる

Webサイトへアクセスを集めるには、大きく分けて3つの方法しかありません。

  • 広告
  • 検索エンジン
  • リンク

広告には、PPC広告やバナー広告などがありますね。費用対効果を管理できるのであれば、安定した売り上げを確保することができます。しかし、広告を運用するためにはスキルが必要ですし、キーワードの選定などで多額の費用が掛かってしまいます。

なので、予算の少ない個人事業主やコンバージョンが低い商品であれば、資金がショートしてしまうリスクもあります。

また、検索エンジン経由のアクセスは無料で集めることができますが、購買意識の低いユーザーばかりが集まるデメリットがありますね。基本的には、情報を調べている人ですから、商品を買う可能性は低いわけです。あと、アルゴリズムの変更などで、トラフィックが激減するという危険もあります。

最後のリンクですが、これが最も効率の良いアクセスアップの秘訣です。他サイトから貼ってもらったリンクは、その後も消えることはありません。だから、被リンクが増えるほどアクセスも集まりやすくなるわけですね。

そして、長期的に見ればSEOの評価も上がるので、検索エンジンからのトラフィックも増大していきます。

 

ブランド価値が高まる

色々なサイトからリンクを貼られることで、多くの人目に触れることになります。リンクを貼られるということは、そのサイトから支持されていることを意味します。だから、リンクを集めているサイトほど、ブランド価値が高くなるということです。

有名なブログなどからリンクを貼られると、それだけでサイトの信頼性が高くなります。特に、企業サイトであればブランドが重要な要素ですから、それを考えてリンクを構築するべきですね。リンク用のバナーなどを用意すれば、視覚的にサイトをアピールすることができます。

知名度アップに効果的なので、やってみてください。

 

成約率が高いアクセスが集まる

先述したように、リンクを貼られるのはサイトへの支持を意味します。なので、有名なサイトからリンクを貼られることで、ユーザーは信頼して自分のサイトへ訪問してくれます。ですから、検索エンジンなどからのアクセスと比較すると、成約率が非常に高くなるわけです。

なので、自社製品などを持っているなら、アフィリエイトを利用するのも良いでしょう。アフィリエイト広告なら、色々なサイトやブログで商品を紹介してもらえます。かなり良質なアクセスを集めることができるので、かなり高い成約率が期待できます。

 

以上、被リンクの効果について解説しました。SEO対策としてだけでなく、直接のアクセスアップも期待できます。依然としてリンクの重要性は高いですから、サイトを運営する中で心掛けるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ