SMO対策(ソーシャルメディア最適化)で被リンクを獲得する

Web上でのマーケティングといえばSEO対策が真っ先に思い付くと思いますが、最近ではSMO対策の重要性が語られることが多くなってきました。SMO対策とは、「Social Media Optimization」の略で、日本語に直すとソーシャルメディア最適化となります。

つまり、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを活用して、多くのトラフィックを獲得するための対策のことです。SEOは検索エンジンというコンピュータを対象としていますが、SMOは人と人とのコミュニケーションを対象となっています。

人とのつながりが大切になるので、ビジネス色の強い売り込みなどは受け入れられません。なので、積極的にコミュニケーションを図ることが必要となります。

 

SMOを重視することでSEO対策にもなる

先述したように、ソーシャルメディアを活用してアクセスを集めようとするのが、SMO対策の趣旨となります。また、ソーシャルメディアで他者とコミュニケーションを図っていくことで、効率良くリンクを集めることも可能です。

たとえば、自分のブログで他人のコンテンツを引用して意見を書くことで、その人から返事がもらえるかもしれません。相手のブログで自分の記事を扱ってくれることもありますから、被リンクをもらうことが出来ますよね。

また、ソーシャルメディアで拡散されると、自分とは関わりの無い人にもコンテンツを見てもらうことができます。なので、色々なブログからリンクを貼ってもらえる可能性があり、大量の被リンクを獲得できる可能性があります。

このように、SMOでコンテンツを発信することで、被リンクを獲得してSEO対策にも有利になるというわけです。口コミで拡散させるための仕組みを持っていると、自分の影響力を高めることができます。

 

SMOで成功するための4つの秘訣

コミュニケーションを行う

SMOは、人とのつながりで成り立っています。なので、積極的に他者とコミュニケーションを図る必要があります。双方向のやり取りを通して信頼性が高まっていくので、自分が情報発信することで拡散される可能性が高くなるわけです。

なので、TwitterやFacebookなどで、積極的に他人と関わるようにしましょう。そうすれば、自分の知名度が高まっていきますから、少しずつ影響力が増してくるはずです。自分の名前を売ることが出来れば、新しいコンテンツでも一瞬で拡散できるようになります。

 

ターゲットを設定する

自分のコンテンツを必要としている人は、どういった人物なのかを明確にしましょう。どんなコンテンツにも、必要とする人とそうでない人とがいます。だから、特定の人に響くコンテンツを作るためには、ターゲットを明確に決めないといけません。

ターゲットが設定できていれば、どんなメッセージが好まれるのかが分かりますよね。なので、的確に情報を拡散することが出来るわけです。

 

拡散しやすいコンテンツの特徴を知る

一般的に、人気を集めやすいコンテンツには法則があります。主なものは、以下の3つですね。

  • 面白いもの
  • 便利なもの
  • 網羅されているもの

笑える画像や動画などは、Twitterで爆発的にリツイートされることがあります。万人受けしやすいですから、コンテンツに笑いの要素を入れてみるのも良いかもしれません。そして、便利なコンテンツも、人気になりやすいですね。負担を軽減するツールや情報などがあれば、積極的に発信していきましょう。

さらに、情報が網羅されているものなども人気です。Wordpresで使いやすいプラグインをまとめたり、英語の習得に必要な参考書をまとめたりなどですね。NAVERまとめなどのサービスが人気なのも、こういった理由があるわけです。自分で調べる手間を無くせるので、まとめコンテンツは非常に人気があります。

被リンクを集めやすいコンテンツを作る秘訣」も、参考にしてみてください。

 

とにかく続ける

コミュニケーションには、終わりがありません。誰かと仲良くなったとしても、長く接触しなければ疎遠になりますよね。だから、継続してコミュニケーションを図る必要があるわけです。面倒に思うかもしれませんが、SMO対策で最も重要なのが継続することです。

ですから、定期的に誰かと意見交換を行うようにしてください。そうすることで、自分の影響力を維持することができるようになります。

 

以上、SMO対策について紹介しました。ソーシャルメディアを活用すれば、新しく作ったサイトでも短期間で知名度を集めることができます。即効性が高い手法なので、積極的に活用するようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ