エックスサーバーでドメインの設定をする方法

サーバーの契約をしてドメインを取得したら、そのドメインが使えるように設定をしないといけません。ドメインの設定が終われば、自分のWebサイトを公開することが出来るようになります。

ドメインの取得に関しては、サーバーで取得する場合とドメイン管理業者を使う場合があります。取得方が分からない場合には、以下を参考にしてください。

⇒エックスサーバーでドメインを取得する方法

また、ドメイン管理業者を利用する場合、ネームサーバーの設定が必要です。エックスサーバーの場合は、以下のようになります。

ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

これをドメインのネームサーバー情報に登録してください。

エックスサーバーで取得したドメインであれば、初めからネームサーバーの設定は完了しています。なので、登録の必要はありません。

 

サーバーにドメインを追加する方法

0001

まずは、インフォパネルにログインして、サーバーパネルの「ログイン」をクリックします。

0002

次に、サーバーパネルの右上にある「ドメイン設定」をクリック。

0003

さらに、「ドメインの追加設定」をクリックします。

0004

取得したドメインを入力して、「ドメインの追加」をクリックしましょう。この時に、「www」などを入力する必要はありません。

0005

正しく入力できていれば、確定ボタンを押しましょう。

0006

ドメインの追加が完了しました。「www」あり・なしの両方でアクセスできるようになっています。ネームサーバーの設定が終わるまでに、最大で2日ほどかかる場合があります。なので、すぐにサイトを表示することが出来ないかもしれません。気長に待つようにしてください。

 

サブドメインを追加する方法

ドメインを追加すれば、そのドメインでサブドメインを作ることもできます。グループサイトなどを作成する場合には、サブドメインが重宝するはずです。

0007

サーバーパネル右上の「サブドメイン設定」をクリックします。

0008

次に、「サブドメインの追加設定」をクリック。

0009

好きな文字列を入力して、サブドメインを作りましょう。ちなみに、日本語でサブドメインを作ることが出来ます。ただ、Punycodeに変換する必要がありますから、こちらのサイトでPunycodeに変換してから登録してください。

0010

問題が無ければ、確定ボタンを押しましょう。

0011

これで、設定は完了となります。しばらくすると、サーバーにサブドメイン用のフォルダが生成されるので、そこにサイトのデータをアップロードしてください。

 

以上、エックスサーバーでのドメイン追加方法を紹介しました。ややこしいと感じるかもしれませんが、慣れると誰でも出来る作業です。なので、焦らずに確実に行えるようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ