エックスサーバーにファイルをアップロードする方法(FTPの設定)

レンタルサーバーを契約してドメインの設定が終わったら、いよいよWebサイトを公開することが出来ます。そのために、ファイルをアップロードする方法を覚えましょう。サーバー上にデータを上げてしまえば、それをサイトとして公開することが可能です。

まず、FTPのアカウントを知るために、「サーバアカウント設定完了のお知らせ」というタイトルのメールを開いてください。ここに、FTPの情報が記載されているはずです。

0001

「サーバーアカウント情報」という項目ですね。ここに記載されている「FTPホスト」と「FTPユーザー」、「FTPパスワード」が必要になります。

もしも、メールを紛失してしまっても、サーバーパネルから確認することが出来ます。

0002

サーバーパネルの「FTPアカウント設定」をクリックしてください。

0003

次に、「FTPソフト設定」をクリックします。

0004

すると、FTPに必要な情報を閲覧することができます。

 

FFFTPの設定をする

一般的に、Webサイトのデータをサーバーにアップロードするときには、専用のソフトを使用します。「FFFTP」というソフトが有名なので、こちらの設定方法を紹介します。ソフトを持っていない場合は、こちらのページからダウンロードしてください。

0005

ホスト一覧から「新規ホスト」をクリック。

0006

こちらに、上記で確認した情報を入力しましょう。

ホストの設定名:好きな名前を付ける
ホスト名:FTPホスト
ユーザー名:FTPユーザー
パスワード:FTPパスワード

これらを入力したら、「OK」をクリックしてください。

0007

そうすると、設定が追加されます。「接続」をクリックしましょう。

0008

サーバーにアクセスできますので、データをアップロードするドメインを選択します。

0009

フォルダがたくさんありますが、サイトのデータを入れる場所は「public_html」となります。なので、そちらをクリックしてください。

0010

ここにデータをアップロードすれば、サイトとして公開できます。初めから入っているファイルがありますが、すべて削除して問題ありません。ドラッグ&ドロップでアップロード可能です。

 

ファイルマネージャを使用する

FTPソフトを使わなくても、サーバーにアップロードする方法があります。エックスサーバーでは、「ファイルマネージャ」というツールを用意してくれているので、それを利用した方法を紹介していきます。

0011

インフォパネルから、「ファイルマネージャ」を選択します。

0012

そして、アップロードするドメインを選択。

0013

サイトデータは、「public_html」のフォルダに入れます。なので、そのフォルダをクリック。

0014

右側の「ファイルのアップロード」から、必要なファイルを選択してアップロードを行います。

 

以上、サーバー上にファイルをアップロードする方法を紹介しました。サイトを更新するたびに、これらの方法でデータを入れていかないといけません。大切な作業ですから、しっかりと覚えるようにしましょう。


xserver

サブコンテンツ

このページの先頭へ