さくらサーバーで、ファイルをアップロードする方法

Webサイトを公開するためには、レンタルサーバーに独自ドメインと設定して、データをアップロードしないといけません。さくらのレンタルサーバーに契約すると、FTPのログイン情報がメールで送られてくるはずです。これを使って、サーバーにアクセスしてファイルをアップロードすることができます。

サイトを更新するたびにデータをアップロードする必要があるので、使用頻度はかなり高くなります。ですから、やり方をしっかりと覚えておくようにしましょう。

ここでは、FTPソフトを使う方法とファイルマネージャを使う方法を紹介します。自分に合ったやり方で行うようにしてください。

sakura

 

FTPソフトでファイルをアップロードする

FTPソフトには、色々な種類があります。その中で最も有名な「FFFTP」というソフトの設定方法を紹介します。持っていない場合は、こちらのサイトからダウンロードしてください。

0001

FFFTPを立ち上げて、ホスト一覧から「新規ホスト」をクリックします。

0002

接続情報の入力欄が出てくるので、赤枠で囲った4つを入力してください。契約時にさくらサーバーからメールが来ているはずですから、そちらから確認しましょう。

0003

FTPソフトと名称が若干異なっているので、以下を参考にして入力してください。

ホストの設定名:好きな名前を入力
ホスト名:FTPサーバ名
ユーザー名:FTPアカウント
パスワード:サーバパスワード

0004

すると、接続ホストが作成されます。ここでは、「test-sakura」という名称となっています。下の「接続」をクリックしてください。

0005

サーバーに、アクセスできました。サイトのデータは、「www」というフォルダにアップロードします。なので、「www」をダブルクリックしましょう。

0006

この中に、サイトデータをアップロードしてください。これで、Webサイトが表示されるはずです。

初期状態だと何もフォルダがありませんが、マルチドメインの設定をすると、ドメインごとのフォルダが作成されます。なので、該当するフォルダを選んでデータを入れる必要があります。

 

ファイルマネージャを使ってアップロードする

FTPソフトを使わなくても、サーバーのファイルマネージャというツールでデータをアップロード可能です。ソフトを使用したくない場合は、こちらを使うようにしてください。

0007

まずは、サーバーパネルにログインします。

0008

左のサイドメニューから、「ファイルマネージャ」を選択してください。

0009

ファイルマネージャにアクセスできました。上のメニューにある、「アップロード」をクリックします。

0010

別ウィンドウが表示されるので、左下の「ファイルを追加」をクリック。

0011

ファイルを選択すると、ウィンドウ内にファイルが表示されます。それでよければ、「アップロード開始」を選択しましょう。

0012

ファイルがアップロードされました。FTPソフトを使わなくても、ファイルマネージャを使って手軽にアップロードができます。知っておくと便利な機能だといえますね。

sakura

サブコンテンツ

このページの先頭へ