さくらサーバーでWordPressを自動インストールする方法

WordPressは、世界中で人気のサイト管理ツールですね。記事の作成や更新が簡単ですし、プラグインでカスタマイズできるので、Web作成の主流となっています。これからサイト運営をするのであれば、Wordpressを使うことで楽に管理できるでしょう。

そして、レンタルサーバーでは、WordpressやMovableTypeなどを簡単にインストールできる機能を搭載している業者も増えました。さくらのレンタルサーバーにおいても、自動インストールがありますから、それがあれば数分でWordpressを使えるようになりますよ。

ここでは、さくらサーバーのWordpress自動インストールについて解説を行います。

sakura

 

データベースを作成する

WordPressを使うためには、データベースが必要となります。ですから、インストールする前に、データベースを作成しましょう。

0001

まずは、サーバーパネルにログイン。

0002

左のメニューから、「データベースの設定」をクリックします。

0003

「データベースの新規作成」をクリック。

0004

ここで、任意の名前とパスワードを設定します。忘れないように、どこかにメモしておくと良いですね。入力したら、「データベースを作成する」をクリックしましょう。

0005

データベースが作成できました。

 

WordPressのインストール

0006

サーバーパネルの左メニューから、「クイックインストール」を選択します。

0007

カテゴリメニューが表示されるので、「ブログ」を選びましょう。

0008

さらに、「Wordpress」をクリック。

0009

データベースの欄に、先ほど作成したものが表示されています。インストール先のフォルダを設定して、パスワードを入力しましょう。それができたら、「インストール」をクリックします。

※自動インストールでは、ドメイン直下を設定できないようになっています。なので、ドメイン直下にWordpressをインストールするなら、手動インストールを行いましょう。

0010

これで、サーバーの設定は完了です。「アプリケーションの設定へ進む」をクリックして、サイトの設定を行ってください。

0011

サイト名やID、パスワードなどを設定して、「Wordpressをインストール」をクリック。

0012

WordPressをインストールできました。先ほど設定したIDとパスワードで、実際にログインしてみましょう。

0013

これで、すべて完了となります。

サーバー側の指示通りに進んでいけば、誰でも数分でインストールが出来るはずです。初めての人でもできるはずなので、焦らずに行ってみてください。

sakura

サブコンテンツ

このページの先頭へ