アダルトサイト向けレンタルサーバーランキング

アダルトサイトを運営する場合、国内のサーバーだと禁止になっていることが多いです。公序良俗に反する内容だと、国内サーバーの多くは運営できません。なので、海外のサーバーを利用している人も多いです。

しかし、英語ができない人の場合だと、海外サーバーの利用は敷居が高いですよね。少し詳しい知識を持っていなければ、設定するのも大変です。ですから、なるべく日本国内で利用できるサーバを探すべきだと思います。

そこで、アダルトサイトを運営できる国内のレンタルサーバーをランキングにしてみました。スペックや使い勝手などを比較しているので、これからアダルトサイトを作成したい人は参考にしてみてください。

GMOクラウド(レギュラー)
iclusta

GMOグループが運営するサーバーで、大容量が魅力です。この価格帯で容量が400GBというのは、国内でも最高レベルだと思います。アダルトサイトでは、画像や動画が多くなりますので、ディスク容量が多いに越したことはありません。ですから、これだけの容量があれば、かなり大きなサイトでも運営できるはずです。

また、マルチドメインが90個まで対応しているので、複数サイトでも運営することが出来ます。MySQLも60個なので、Wordpressでも複数インストールが可能です。国内ではアダルトに対応しているサーバは少ないですから、これだけハイスペックだとありがたいですね。

電話とメールのサポートがありますから、不明点があってもすぐに聞くことができます。なので、普通のビジネスサイトでも運営可能です。使い勝手に優れていますから、ストレスなくサイトを運営できるでしょう。

月額料金 初期費用 容量 転送量/日
1,410円 5,400円 400GB 無制限
MySQL ドメイン数 サポート 無料期間
60個 90個 電話・メール 7日間
KAGOYA(スタンダード)
kagoya

15年以上の実績があるKAGOYAサーバーです。専用サーバーが有名ですが、共用サーバーではアダルトにも対応しています。稼働率が99.999%となっているので、障害が発生するリスクも少なく安心して運営できますね。

容量も120GBとなっていますから、中規模までのサイトなら十分に対応できるはずです。ただし、転送量が1日2GBまでなので、アクセスが増えてくると厳しいかもしれません。また、マルチドメインにも対応していませんから、1サイトだけで運営したい人向けです。

安定性が高いサーバーですが、GMOクラウドと比較すると容量やドメイン数などが及ばないので2位という結果になりました。

月額料金 初期費用 容量 転送量/日
1,728円 3,240円 120GB 2GB
MySQL ドメイン数 サポート 無料期間
1個 1個 電話・メール なし
FUTOKA(スタンダード)
futoka

アダルトでの利用を全面的に押しているレンタルサーバーです。国内のサーバーだと、かなり珍しいですね。転送量も無制限ですから、かなりのアクセスまで耐えられると思われます。そして、マルチドメインも20個まで対応しているので、複数サイトの運営も可能です。

ただし、共用サーバーだと容量が10GBしかありません。画像がメインのサイトだと問題ないですが、動画などが多くなると厳しいですね。容量が足りなくなった時には、専用サーバープランに変更することをおススメします。

初めてアダルトサイトを作成するなら、最適のサーバーかもしれません。ただ、長くサイトを運営するつもりであれば、GMOクラウドかKAGOYAのほうがスペック的にも上ですね。なので、ランキングでは3位となっています。

月額料金 初期費用 容量 転送量/日
1,980円 6,000円 10GB 無制限
MySQL ドメイン数 サポート 無料期間
無制限 20個 電話・メール 14日間
サブコンテンツ

このページの先頭へ